宇宙から来ました(笑)

作者 飛鳥 祐矢

7

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

地球って、ホントいろんな人がいますよね!

レベルって表現が私は嫌いで、文化とかバックグラウンドって言い方をするんですけど、たくさんの文化を持った魂の人がいっぱいいると思います。
それで、地球ってテーマパークを楽しみに来てるんだと思います!

視えるからすごいって人がけっこういるんですけど、実際に視える人からすると、視えないって、すごいうらやましいと思うんですよね。私はどっちつかずなんですけど——どちらかといえば、ヘミシンクなどで不思議な体験をよくするほうなのですが——視えないからこそ、気づける喜びがあったり、これってこうなってたのか!! なんて偶然なんだ!! 運命ってあるんだ!!! とか、視えない(隠されている)事実があるからこそ、それに気づいたとき、感動するって体験ができるじゃないですか。
視えると、知ってるから感動できない……。
宇宙人もいるっていうか、私も前世が宇宙人だから、政府が発表した時に驚けないし。そもそも、やっと発表したの!? おっせーよ! とか文句言いそう。だから驚ける人がうらやましいです。

良いも悪いも、いろんな体験をするために人は地球というテーマパークに来てるのでは? って考えを私はしてるので、作者様とはちょっと感覚が違うのかもしれませんが、この流れもそう悪くはないと思っております。どうせ最後には滅ぶけど、文明が長く続けばいいって考え方も、もしかしたら、ひどく人間的なのかもしれませんね。私もただなんとなく、長く続けばいいんじゃないの? と思っていますけど。

地球自体、もともといろんな外部の人に手を加えられて作られたものらしいから、そのうち、星を創る技術が出来上がったら、自然のことをもっと消耗品扱いしそうな気もしなくはないですが、それはきっと、オカルトですね笑