星迷う空の下で願う夢は遥か

作者 星崎ゆうき

ああ、世界が霞む色が見える。

  • ★★★ Excellent!!!

非常に専門的な、そして美しい言葉でしか構成されていないという点で
まるで夢を見ているような不可思議な短編。
あまりにも風景描写が長けていて、脳裏に浮かぶこの情景は走馬灯の様でもある。

ただただ美しかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

E嬢さんの他のおすすめレビュー 109