異世界でも使える! 超適当剣術講座

作者 雲江斬太

47

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょいとタイトル詐欺な感は否めません。「超適当」ってついてますが、そんなことは全くなくて。「めっちゃ、本格的やん!」と何度思ったことか。

剣術の型から歴史的なことまであれやこれやと揃っております。もし小説で剣術を扱ってみたかったら、是非一度読んでみてください。

私ですか?
今のところはその予定はないですが(笑)かぼちゃの切り方はやってみようかな ♪

★★★ Excellent!!!

タイトルには『超適当剣術講座』とありますが……。

ご謙遜を! 超まじめな剣術講座です。

いや、実際ね。
ここまで丁寧に書かれた『剣術のお話』ってほかにないんじゃないですか?

体の動きから、解説。そして由来や歴史の小話。非常にためになりますし、創作のための知識にもなると思います。

私自身は剣道を少々嗜んでいたので……。時折本文に出てくる「口だけ八段」の剣道家に苦笑いするばかりです^^; 

★★★ Excellent!!!

大変興味深く読んでいて楽しい剣術に関するお話です。
構えの名前だとか専門用語ばかり並べて「何言ってんだろう」となるような学術書とは一味違います。

現場で経験してきたことや、そもそも「構え」とは何なのか。剣術とは何なのかに踏み込んで、わかりやすく時に面白く解説してあります。

特に剣道をイメージしてしまうと起こる認識のズレが「剣術はこうだから剣道は間違い」というスタンスではなく「剣道はおそらくこういう理屈で辿り着いてはいるが、剣術は~なので事情が違う」というようなスタンスで解き解してくれるのでありがたい。

これから創作作品で剣を使った戦いを描こうと思う方でも、そうでないけど興味は持っているという方でも、十分楽しんで学べる作品です。
おすすめです!