かぐやひめは、永遠の調べにまどろむ

作者 武州青嵐

44

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

職場の嫌な人間の描写にはトラウマを刺激される。
バトルには手に汗握る。
そして付き合い始めの恋人たちに当てられ顔が赤くなる。
読み手の感情を刺激するので、速読はできません。
一話一話、十分に味わってみてください。

個人的に推しているキャラクターは坂田さん。
名脇役です。

★★★ Excellent!!!

この小説の魅力はたくさんありますが、自分の文章力では残念ながら表現しきることができません。
そのため私が言える一番の紹介はありきたりですが、この一言につきます。

とにかく騙されたと思って、読んでほしい。最低でも中盤まで。

例えファンタジーと無縁のような展開だと首をかしげても、とにかく読んでください。
物語を読み進める中で、きっと驚くはずです。
これほど現実に足の着いたファンタジーはないと。
現実が丁寧に描かれるからこそ、ファンタジーが鮮やかに、されど現実味を持った色合いで読者に語り掛けてくれることでしょう。

ネタばれになるのでぼかしますが、この系統のファンタジーは現実を下敷きにするからこそ、登場人物と読者がズレやすく、感情移入が中途半端になってしまったり、自然な展開を持ってくることが難しいなど、高いレベルの作品を仕上げるという観点では難易度が高いジャンルと思います。
ですがこの作品はリアルな現実を丁寧に下敷きにし、心情描写や登場人物の背後をしっかり書くことで、ズレを感じさせない高いレベルに仕上げてきています。
個人的にドブコンで一番押している作品です。本当におすすめです。


現在絶賛連載中のため毎日ワクワクしたいという方は勿論、これまでとは違う現代ファンタジーを読んでみたい方、丁寧な恋愛が読みたい方にも、ものすごくお勧めですので是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

この話、面白いんですよ。
どう面白いかって?
まずは、タイトルがやわらかく、女性的な感じで、美しいのです。
タグは、軽い気持ちで読めそうな感じです。
キャッチコピーも、かっこよくて素晴らしいと思います。

あらすじも、ほほう、読んでみようかなと思い、序章を読んでみようかな~って、思える内容なのです。

そして、序章を読むと、衝撃を受けます。
そのあとは、しばらくはお仕事のお話なのです。
あと、家族とか、元彼とかの話で、
読者さんたちが、あれ? これ、現代ファンタジーだよね?
現代ドラマじゃないよね?
って、何度もジャンルを確認したり、ファンタジーをさがそうとしたり、勝手に設定を考えたりするのです。

そして、いきなり、魔法少女が――いえ、ここからは、秘密にしておきます。
まだ読んでいませんから。

これ、恋愛小説でもあるようですよ。

※魔法少女は第20話から登場です。