母さん

『怖くないの? 幽霊な私が……』

「怖いのは怖いですよ。俺だって慣れてるわけじゃありませんから」

太田の方を見ながらきっぱりと言い放つ。

『じゃぁどうして?』

「こうして話してるあなたはもう人じゃないですか。俺は今、太田美憂さんと話してるんですよ」


 隣にいた伊織もゆっくりとうなずくのが見えた。

 ――大野クンはなぜかキラキラした眼で俺を見てるけど。ちょっと危険を感じる視線だなぁ……


 彼女はうつむきながら涙を流し始めた。


『ありがとう……うん。もうここに私はいらないかな。でも長い時間ここにいたからどうしたらいいか分からないのよね』


「じゃぁ私の出番ですネ!!」

 ばば~ん!! 

 想像上の効果音付きで、伊織が腰に手を当てながら前に出てきた。


「い、伊織?」

「お義兄にいちゃん、ここはに任せてください!!」


 そういうと腕を広げて、何やらブツブツと口元で言っているようだ。


「お願いします!!」

 伊織が気合を込めた言葉を発する。

 その言葉と同時位に、からだに心地いい柔らかい感触が込み上げてくるのを感じた。

 今までも伊織と一緒の時などに感じたことのある、いつもの感じのあれだ。



 ふと彼女おおたの方へ視線を向ける。


『任せて。この方は私が向こうへお連れします』

 太田の隣にもう一人、幽霊の女性が立っていた。


 その女性が俺に微笑みかけてくる。

 自然と俺の顔に涙が線を描いていた。


――まさか……

「かあ……さ……ん……?」


 俺は無意識に右腕を伸ばしていた。そのひとに触れたくて――





※作者の後書きみたいな落書き※

この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます