二度目の公園で

「えっと……」

 俺は視線だけを理央の方に向けた。

「あら? もしかして私だけが知らなかったのかしら?」


 理央がクチを手で覆うような仕草をして少し俺から隠れるように響子の後ろに廻りこんだ。

 

――俺は理央から伝わっていると思っていたけど、理央の行動からするとそんな話はしていないようだな。


「ごめんな響子さん。こないだ集まったときにみんなにはその事を話したんだ」

「へぇ~、そうなんだ 私がいないときにねぇ……」

 なんだろういつもはふんわりしてる感じがあるのに、今は怒ってるのがはっきりわかる。

――そして……怖い。とりあえずこの場の雰囲気を変えなければと考える。


「そうだ、次はどうするんだ伊織」

「え!? わたし!!」

 突然話を振られた伊織がビックリして体を震わす。

 

―――ごめんな伊織。


「えと、それじゃぁですネ。まずはその現場にいた人たちからもお話を伺ってみましょう」

「そ、そうね。そうしましょう。で、いつにする?」

 こういう時冷静な伊織は凄く助かる。そしてカレンもそれに合わせてくれる。

「次は私もしっかりと聞きますからね」

「うん、ごめん。やっぱりみんながいてくれて良かった」

「照れくさいこと真顔で言わない!!」

 バシッと背中をたたく理央。


 ジンジンする背中の痛みも心地いい感じだった。

 顔を上げてみんなの後を追い、駅へと向かって歩いていった。




 連絡を取り合ってもらった結果、どうやらその時何があったのかを知るメンバーに会えることになったようだ。もちろんその話し合いに俺は関与していない。だって女の子となんて話せないし。

 その場所はこの前の集合場所の公園。明るい所と明るい時間がいいという提案があったみたいだ。


「なぜ君がいるのかな?」


 俺が言うそのとはもちろん大野クンの事なのだが。


「先日は本当にすいませんでした。あの後考えたんです。自分は何がしたかったのか」

 おおう。何か突然熱く語りだしたけど。

「僕は、その……ただ嬉しかったんです!! 自分と同じ世界を視てる人が他にもいたことに。しかも間近にいたことに。だからつい興奮してしまって。なにか役に立たなきゃ!! って思ってしまって」


――ああ、そうか……この子は少し前の俺なんだ……


 何も言わず彼の頭をポンポンと軽くたたいた。

 大野クンはすごく恥ずかしそうに頭に手をまわして赤い顔をした。


――なんか伊織唇がとがってるけどなんでかなぁ? 



「こんにちはぁ」

「こんなところまで来ていただいてありがとうございます」


 そこに女の子が三人並んで現れた。

 この前の菜伊籐さんと、今日初めて顔を合わせるに人は皆川理恵みながわりえさんと新井加代あらいかよと名乗った。

 俺達も一通り自己紹介をする。それが終わると皆川さんがすまなそうに頭を下げた。


「ごめんなさい。こんなに暑いのにこんな昼間の屋外で待ち合わせなんて」

「ああ、それは大丈夫。気にしなくていいいわよ。それにここにいる大半は同級生だから、敬語とかなしで気楽に話そうよ」

 カレンがすかさず話しかける。この辺りアイドルカレンのようなコミュ力はさすがだと思う。

「じゃぁここで話してるのもあれですから、皆さんで座れる場所、そうだあそこの木陰に行きましょう」

 理央が誘導する。

 響子と伊織と大野の三人がみんなから好みを聞いて、自販機へと歩いて行った。

 この辺り、いつの間にかチームワーク的なものが築かれつつあるようだ。

 

 その中で俺はというと――


「あんたが動いちゃ意味ないでしょ!!」

 カレンに怒られていた。みんなもうなずいてるし。


「いや……でもみんながやってるのに俺だけ座ってるってのも……」

「私たちは自分でやりたくてやってるんだから気にしなくていいのよ?」

「そうそう。それにここに真司君がいなかったら、三人に来てもらった意味が無くなっちゃう」

 姉妹にも言われて座って待つしかなくなった。


 先に木陰に座っている三人の元に飲み物が配られた後、ようやく俺が近づいていく。


 大きく深呼吸をする。

 初めて対面する女の子と話をするのはすっごい緊張を伴うのだ。


「そろそろ落ち着いたかな? 話を聞きたいんだけどいい?」


「は、はい」

「大丈夫です」

 コクンと最後に菜伊籐さんがうなずいた。


「その時の状況をなるべく詳しく教えてくれるかな?」


 三人が顔を見つめあいコクンと合図しあう。

 クチを開いたのは新井さんだった。

「初めにその話をし始めたのは、私達三人だったんです。それからあの子……理沙も加わって四人でやろうって事になって……」


 今初めて知ったことがある。この前行った女の子の名前が理沙っていう事だ。


「みんな帰ってたから教室には4人しかいなくて、カーテン引いて電気も一列だけ残して消して暗くしたんです」


「初めのころは何も起きなくて、途中からふざけて触ってる人たちで勝手に動かしてたりしたんですけど……」

 チラッと菜伊籐さんの方へ視線を向ける。

「華夜と理沙がすることになってから理沙が少しずつ様子がおかしくなって……」

 皆川さんが新井さんの後を継いだ。

「突然掴んでたコインが勝手に動き出して、声が変わって、目つきが変わって……もう最後の方は理沙じゃなかった」

 菜伊籐さんが締めくくる。三人で下を向いてしまった。


「そうか……」

 俺は伊織の方に視線を向けた。

 伊織はコクンとうなずく。


「君たちはたぶん……霊を呼び出しちゃったんだね」


 俺は大きなため息をついた。






※作者の後書きみたいな落書き※

この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます