時間をくれ

 市川響子と市川理央は一卵性の双子の姉妹。小さい時からよく似ていて共に成績もよく、運動もこなせた。

 しかし違っているものもある。それが現れ始めたのは中学進学してからだった。

 姉[響子]は社交的で誰とでも仲良くなって、次第に人気者になっていった。それとは逆に妹「理央]は内向的でなかなか友達もできず次第に陰に隠れていった。


「シンジ君?」

「あ、ご、ごめん。俺、リビングで待ってるからさ。楽しんでくれよ」

「ちょっとシンジ君!!」


 駆け出すように部屋を飛び出してリビングへと向かう。

 はっきり言ってその部屋にいたくなかった。

 [理央]から感じるあの念と[真司]の念は似ている。本能的にいてはまずいと言っている。

 それに俺は気づいている。あのままだと俺も飲み込まれてしまうと。

 ようやくついたリビングで息を整えながら汗をぬぐう事しかできなかった。


「はい、喉、乾いてるでしょ?」

 リビングで一人、うなだれるようにソファーに座っていた俺に冷たいジュースの入ったコップが目の前に差し出さされた。誰かが近づいた事さえわからないほどに俺はぐったりしていた。

「え、あ、ああ、ありがとう」

「どういたしまして」

 渡してくれたコは響子だった。彼女はそのまま俺の隣にちょこんと座る。

「ネぇ、今日あなたを連れてくることはちょっと聞いてたけど、ほんとにカレシじゃないの?」

「い、いや、違うけど?」

「そっかぁ、違うんだぁ。とりあえずは信じてあげる」

「あ、ありがとう」

 何がありがとうなのか良くわからないけど信じてもらえたのはいいことだ。しかし、この子がここにいるってことはあの部屋には今二人だけ……

 どのくらいこの家にるんだろうと時計を見ると、この家に訪れてからもう二時間がたとうとしていた。


 きゃぁぁぁ!!

 ビクッとするくらい甲高い悲鳴。

――これはたぶんカレンの方だ!!

 突然の悲鳴にあわてて部屋に駆け出した。その後ろから響子も連なる。

「ど、どうした!!」

「し、シンジ君!!」

 部屋に入った俺を確認したカレンが勢い良く抱きついてきた。これが通常時だったらたぶん「にょほっ!」ってなるんだけど、そんな余裕は今はない。

 部屋の半分くらいはもう黒い霧のようなものが立ち込めていて、さらに理央の周りは闇と同じくらいの色に染まっている。髪の毛は逆立っていて間違いなくこの世のモノではない雰囲気だ漂っていた。


「……だ、……ち」

「と……だち」

 かすかにだがまだ理央の理性は残っているようだ。

「カレン、何があった!?」

 いつの間か俺に隠れるように背中側に張り付いていたカレンに声をかける。まるで盾にされるような形で俺は一番前に立たされていた。

――ちょ、ちょっと押さないでもらえますかねカレンさん!!

「何もしてないわよ! 普通に話してただけだし!!」

「何の!?」

「な、何って友達のよ!!」

 ゴッ!! 

 と音を立てて理央の周りの闇が勢いを増した。

 その中で俺は見えてしまった。この現象を引き起こしたモノを……

 とりあえずここは逃げるしかない。このままだと俺も引きずり込まれる

「カレン! それとお姉さん! 急いでこの部屋から出て!!」

「わ、わかったわ!!」

「は、はい!」

 部屋から逃げるように飛び出した俺たちはリビングへと急いで戻った。そこには心配そうにこちらをうかがうお母さんの姿があった。


 俺とカレンを乗せた車が俺んちの近くに差し掛かろうとしている。

 結局あの後、家のリビングで事の納まりを待っている間に、カレンのマネージャーさんとの約束の時間を迎えた俺たち二人は、その場所というかその家から立ち去った。いや正確には逃げ去ったのだ。

 だから今は二人とも口を開かない、非常に重い空気が車の中に漂っていた。

 間違いなくマネージャーさんには[カレンとケンカした感じ]と誤解されているだろう。


 重い空気を割ったのはカレン

「何だったの? 見えたんでしょ?」

 言葉はこちらに向けられているが顔は外を向いたままだ。

「ああ、見えたよ」

「で? 助けられる?」

「分からない……」

 俺は確かに人ならざるモノは見えるけど、それに対処できるちからは持っていない。それ以上に人とのコミュ力に関してはほぼないといっていい。でも今回あの子を救えるとしたら、その力は必ず必要なのだ。

「あの子は、理央ちゃんは理央ちゃんに押しつぶされようとしてるんだ。カレンが何を言ったのかわからないけど、アイツはそれが気に入らないらしい」

「そうかぁ、わからないかぁ」

 二人そろって深いため息をつく。

 もうすぐ俺のうちに着く。

「今日はありがと。あと、ごめんなさい」

 今度はちゃんとこちらを向いて頭をさげるカレン。

「いや、大丈夫さ。もう少し時間をくれ。考えてみるから」

「へ!? まだ協力してくれるの?」

「うぅ~ん……。本当は嫌だけど、けど友達を助けたいんだろ?」

「うん!!」

 また出ましたアイドルスマイル(#^.^#)こんな感じのやつ。これ、マジでおれ弱いみたい。


「じゃ、また連絡するから」

「ん、ああ分かった。それから……なるべく理央さんの前で友達とかいう話はしないように、響子さんや家族の方に伝えておいてくれないか?」

「え? ともだち? ……そか、分かった伝えておくわ」


 家の前に止まった車から降りて、そう話すとカレンを乗せてまた車は走り出していった。

 ふぅぅ~

 知らない間にため息が漏れる。

「お帰り、お義兄にいちゃん」

「え?」

 顔を上げた先に、玄関を背にして立つ義妹いもうと伊織の姿があった。

 伊織は複雑そうな顔をしていたが、その顔を見ただけなのにそれだけなのにホッとする。

「かれんさんはいてこないんだ……」

「え、あ、もちろんだ。アイドルだからな忙しいんだろ。さぁ家に入ろう」

「そっか、憑ついてこないんだ」

――あれ? なんか喜んでる気がするけど、伊織ってカレンのファンじゃなかったっけ?

 と、伊織の言葉の意味を理解しない俺。


 

 その時の伊織の心境は――

 ――良かった。今日は義兄あにになにもいてない。

 またカレンさんが憑いていたら手ごわそうだし、どうしようかと思った。


「帰ろ。お義兄にいちゃん」


 

この時はまだ伊織がそんな理由で喜んでいるなんて知るはずもなかった。





※作者の後書きみたいな落書き※

この物語はフィクションです。

登場人物・登場団体等は架空の人物であり、架空の存在です。

誤字脱字など報告ございましたら、コメ欄にでもカキコお願いします。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます