終わりたくないから、あたしは世界を終わらせる。

作者 朝霞 晴春