サンタゲーム3

作者 冬月あおい

13

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

誰かを殺さなければならない苦痛と、自分が殺されるのではないかという恐怖。
クラスメイトというほどよい距離感の関係性だからこそ、非現実のはずの殺し合いに微妙な葛藤が生まれ、そして馴染んでいきます。

ゲームのルールやクラスメイトたちの個性も、相乗効果的に物語を加速させていく。

皆様もぜひ、この理不尽なゲームの行方を確かめてみてくださいませ。


Good!


サンタゲーム。
楽しげな名前とは裏腹に、その実は夢であることを願わずにはいられない、命を賭けた過酷なデスゲーム。
殺したくないのに、クラスメイトを殺さねばならない。
だって、自分も死にたくはないから――

至って普通の主人公たち高校生。
彼らの日常は突然崩れ去ってしまった。
ゲームマスターは誰?
その目的は?

三章まで読み進めました。
続きが気になりすぎるので、読んできます(●︎´▽︎`●︎)

★★★ Excellent!!!

謎の状況で繰り広げられるデスゲーム!
サンタサイドと村人サイドに大きく分かれたクラスで、誰かを死なせないといけないという極限状況の中、果たして僕は生き残れるのか!?
まだ序盤ですが誰がどうなっていくのか続きが楽しみな作品です!
主人公視点で読みやすく、消しゴムのかすなどのちょっとした描写に学生生活のリアルな場面を感じられて、主人公が置かれた状況が如何に不可解な場所かとの対比にもなっているように思えます。
最後に僕がどうなるのか非常に気になるところです。
皆様も是非ご一読を!