小夜子さんのウキウキ修羅場ライフ (#小夜修羅)

作者 和久井 透夏

103

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大変楽しく拝読しました!

和久井さんの書かれる美女はいつもぶっ飛んでるなぁ。
和久井さんの書かれる男の子はいつも可愛いなぁ。

一見まともそうに見えるけど言葉の端々から荒んだ育ち方が伺える語り手の由乃くんが、小夜子さんの薫陶を受けて最強のヒモ?ジゴロ?ストーカー転がし?となっていく物語。
と思って読みました!

由乃くんはおめおれの一真さんみたいになっちゃうのかなー?

★★★ Excellent!!!

 多分被害者…ええ多分です。けっして加害者を増やそうとかそんなこと…(そっと目をそらす)

 彼女のミステリアスな思考に周りは大きな影響を受けています。特に今回の主人公は真っ先に。主人公は作品情報にありますように小学生の男の子です。なので影響がすごいです。僕、このお姉ちゃんに影響受けちゃだめだよ?と、なんど言葉にしそうになったでしょうか…

 彼女の周りは修羅場でいっぱい。だけどその原因は?
彼女のミステリアスさはさらにミステリアスな思考を持つ人たちを呼び寄せ香ばしいことになっています。

 非常に斜め前をぶっ飛ぶ思考とその行動に腹筋がなかなか耐えられませんでした。ミステリーながら、腹筋を鍛えたい人は要一読です。

★★★ Excellent!!!

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、この物語はまさにそれ。変人さんのすぐ近くには変人さんがいるのです。
今日も今日とて謎の美女・小夜子さんの行くところには、大事に大事に養殖されたストーカーさんたちがつきまとってきます。
(養殖って何のことかって? 読めば分かる!!)

この小説は、小夜子さんと同居することになった小学生の由乃くんの視点から小夜子さんのにぎやか(で不穏)な日常が描かれています。
ちょっと油断したら朝食の席に知らないおじさんが爽やかな笑顔で座っているから気をつけて!!

ほぼ全キャラクターの思考がぶっ飛んでいるので、時おり、
「堂々と『私、いまノーパンです』と申告するとかへんた……待てよ、オレのほうが感覚がおかしいのか?」
と危うく自分の常識に疑問を抱いてしまうこともしばしば。下手をすると、読者までHENTAIさんの思考を植えつけられてしまう可能性がががが!!!

でも、語り手の由乃くんが小学生のわりには冷静な目を持っているので、小夜子さんと彼女を取り巻く変人さんたちのぶっ飛んだ行動にいちいち的確なツッコミを入れてくれます。そのおかげで、読者はぎりぎりのところでHENTAIさんの仲間入りをしなくて済むのでしょう。……たぶん。
いや、読了後にもしかしたらHENTAIさんに進化しちゃっている人もいるかも知れないので、そこらへんは自己責任ということで。
(おめでとう、俺は養殖ストーカーに進化した!!)

ぶっ飛びまくりなキャラクターたちばかりですが、その中でも異彩を放ちなおかつ魅力的なのがヒロインの小夜子さんでしょう。冷静に考えてみたら彼女がいるからあらゆる奇天烈な騒動が巻き起こってしまうわけですが、極力好意的に見たら、小夜子さんは「どんなことがあろうと、自分の人生を楽しく生きる」ことに一生懸命なのだと思います。ものすごくポジティブなのです。
荒んだ家庭環境で育… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

一般的な堅苦しいミステリー小説とは違い、

楽しく面白く読めるところが魅力的です。

特に個性的なキャラクター達が登場するので、

思わず突っ込みを入れてしまうほど面白い内容です。

少し変わった?ミステリー小説を読んでみたい方は、

是非、オススメしたい小説です。