寄り道は出来るよ


それからも、話に花が咲き続けた頃。


「お、こんな時間。そろそろ行くか」

「そうだね」


時間を見れば幾分か時は過ぎており、荷物を持って立ち上がる。

忘れ物がないか確認して出口に向かうと、自分と差ほど変わらない年頃であろう女子とすれ違う。


「ねぇ知ってるー?隣のクラスにいた鈴木さん」

「え?誰だっけ?」

「ほらあの地味な子」

「あぁ、確かいつも端っこにいる?」

「そうそう!あの子、噂で聞いたけど異能者らしいよ!」

「え、まじ!?うちの学校にいたんだ。ビックリ」

「だよねぇ!つか、異能者とか気持ち悪いんだけど」

「怖いわ。何してくるか分からないし。同じクラスにならなきゃいいけど」

「言えてるぅ!キャハハ!」


異能者。

彼らは昔から存在したらしいが、その呼び名が誕生したのはほんの少し前であり、簡単に言えば世間一般で言う超能力者とも言える。

迫害の対象でもあった以前に比べ、近年はその存在が公になり受け入れられつつあるが、未だにその存在を侮蔑し、批判する者達は少なくなかった。


「……ああいうの、良くないよな」


話を聞いていたのだろう。

前を歩いてる昶の表情は見えないが、声色からして少なからず不満があるように聞こえた。


「ソイツが聞いてたらとか、自分がその立場になったらどう思うとか考えないのかよ」

「……」


振り返った昶の表情はどこか悔しそうで、自分が言われたわけではないのに、傷付いているようにも見えた。

彼もかつて、誰かにそんな風に言われた事があったのだろうか。

あかねは再度、昶を見遣る。

明るい茶髪に平均的な身長。

顔も騒がれるほどでないにしろ、悪くもない。

性格も知った限りでは、馴染みやすい性格をしている。

どこを取ってもああして陰口を言われる要素などないと、あかねは感じた。


「ありがとうございました」


店員の声を背に聞いて、店を出た二人は人通りの少ない道を歩いていた。


「色々話せて楽しかったな!」

「……そうだね」

「学校始まったらまた寄り道しようぜ!……ってまだ同じクラスになれるか分かんねーけど」



先程の暗い表情は嘘のように見られないが、

クラス発表がある入学式は数日後だ。

だが、それは果たして関係あることだろうか。



「同じクラスになれなくても、寄り道は出来るよ」

「だな!」


楽しげな様子の昶に、あかねはほっとしたように笑みを浮かべる。


「もう友達だからね。クラスは関係ないよ。さっきみたいに誰かに何か言われても、気にせず遊ぼう」


きっぱり言うと、何故か昶は目を丸くして唖然としていた。


「あかねってさ……何か格好いいよな」

「何が?」

「まぁ色々と。そう言えば、あかねは彼氏とどこで待ち合わせしてんの?」

「だから彼氏じゃないって」

「でも男と会うんだろ?」

「うん。調停局で待ち合わせ」


昶は大きく目を見開いた。


「まじ!うちのねーちゃんいるとこ!ってか彼氏エリートじゃん!」

「いやホント彼氏じゃない。お姉さんどこの部署?」

「なんかトラブル解決のとこ」

「そんなのいっぱいあるんだけど。異能対策とか?」

「んーなんだったかな」


歩きながら昶の言葉を待っていた矢先--。




「失礼、お嬢さん」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます