エボリューション・アイランズ!

作者 馳月基矢

五島への招待状と地図が入っている宝箱。

  • ★★★ Excellent!!!

平成最後の夏は、私の中に、登場人物のみんなと共に
五島列島に旅していた記憶のようなものが残りました。

このお話には、キラキラした宝石が詰まっています。
長崎の離島、五島における土地の事情。素晴らしさも苦渋も在る。
暮らしている人たちの生活。生きるための様々な工夫。

そんな場所に辿り着いた旅人の気持ちを知るたびに
この土地がきっと何か答えをくれる気がして、応援したくなる。

電気自動車のことや、ミニ四駆のレースもワクワクしました。

奇しくも今日近くの祭りに出かけたらですね、
ミニ四駆のレースやっていました。想像したよりずっと速くて
コースアウトしないとどんなカラーリングかわからないくらい。
大人とこどもが一緒になって楽しんでいました。

ここらの子に比べたら、五島のこどもたちはしっかりしていて
働く大人をよく見ている。自分のこととして捉えている。
レンは小学生だけど、いっぱしの男だ。
ヒカルも大人顔負けのビジョンを持っている。
二人とも学校のお勉強では知りえないことをたくさん知っている。

そして、めっちゃ食欲がわく。おばあちゃんの蒲鉾かじってみてぇなぁ。
なんと言っても全編通して、方言がいいんです。あたたかくて。
そこかしこに、作者の半端ない地元愛を感じます。

こどもから大人まで楽しめる、素晴らしいエンターテイメント小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水菜月さんの他のおすすめレビュー 267