エボリューション・アイランズ!

作者 馳月基矢

小説の累計PV数

10,242 PV

エピソードごとの累計PV数

スタートライン 47 519 PV
01_「この島、何でこいつらがやたら多いんだ?」 41 778 PV
02_「もう一回その島に行くために、五島に来たと?」 37 280 PV
03_「よし、今日はけっこううまくいった!」 37 241 PV
04_「私の恋人は、愛車のロードスターですよ」 35 256 PV
05_「ブラックモンブランって、何だそりゃ?」 32 217 PV
06_「ぼくは、教会に近寄れんごとなった」 32 219 PV
07_「RPGみてぇだと思った」 34 204 PV
08_「まだ心は死んでなかったってことだ」 31 190 PV
01_「レンは何でミニ四駆やろうって思ったんだ?」 30 224 PV
02_「ひまつぶしだ。チラッと見たら帰る」 31 196 PV
03_「必ずみんな違うものになる。そこがおもしろか」 29 172 PV
04_「レディ……、ゴー!」 29 159 PV
05_「お堅いマシンだ。でも、勝負ってやつは……」 27 169 PV
06_「ぼくは勝っちょらん。勝負に出らんかったもん」 29 159 PV
07_「大人やし学校の先生とに、漫画ば読むと?」 27 164 PV
08_「レンくん、どうしたと?」 32 160 PV
01_「五島のガソリンは、リッターあたり二十円高かと」 27 528 PV
02_「マジで日本かよ? むしろ秘境だよな」 28 174 PV
03_「アイ・ミーブがお気に召しましたか?」 27 147 PV
04_「エネルギープラントとパワープラント?」 23 154 PV
05_「ねっ、クルマまで競走しよう!」 24 137 PV
06_「ちょっと腹ごなし。波打ち際、行ってくる!」 23 135 PV
07_「五島には世界最先端のモノがどんどん入ってきよったと」 22 136 PV
08_「個性的なのがよかって、あたしも思うと」 22 136 PV
09_「こんなにぎやかな星空、初めて見た」 22 128 PV
10_「今日のドライビングの感覚は一生、絶対に忘れねえ」 25 129 PV
01_「五島には大学が存在しねぇもんな」 21 176 PV
02_「それが、歴史の研究ってこと?」 23 151 PV
03_「五島で女性との出会いを期待してはいけませんよ」 22 1,256 PV
04_「風になる感覚がつかみやすいんだ」 21 119 PV
05_「地獄炊きがいちばん五島らしか食べ方と思うと」 21 133 PV
06_「すべての島が秘境のような景色に恵まれています」 23 132 PV
07_「かわいそうって言ったら、うそになると思う」 24 133 PV
08_「知識を人に伝えることは、とても難しいんですよ」 22 208 PV
09_「レースなんて夢のまた夢。ばってん、やってみたかった」 22 129 PV
10_「グレート五島カップ、ここに開幕だーッ!」 24 148 PV
01_「運転中限定かよ? おれはいつでもカッコいいだろが」 22 137 PV
02_「このクルマにも、コンピュータが入っちょっと?」 25 129 PV
03_「同じ五島でも、全然違うやろ?」 25 138 PV
04_「ばってん、若松町も間伏小もなくなった」 23 124 PV
05_「おれは絶対におまえを忘れねえ!」 24 130 PV
06_「炭火で焼いて外で食べるのは、また格別ですね」 24 140 PV
07_「自分の晩飯を自分で獲ってくる。こんなの初めてだ」 23 123 PV
08_「あたしたち、このまま五島で暮らしていけるかな?」 23 135 PV
09_「五島は五島のままで、進化していける」 23 136 PV
レディ、ゴー! 27 158 PV
ざまんごて楽しく書かせてもろーたと! 感謝ばびっしゃ込めて。 30 196 PV