ぼくと青春とボーカロイド

作者 明希菜 真昼

468

161人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ボーカロイドの世界に馴染みなく、その設定だけでも目新しくて興味を引かれました。けれど、そこはこの作品に触れるキッカケで一番の魅力は王道展開。青春ラノベの黄金比と言える設定やストーリー展開。どんどん興味引かれ先読み出来るのに、その展開が待ちどうしくて仕方ない。そんな作品です。
今、一番美味しい感じの展開になっています。文章も構成も読みやすく書籍化しても良いと感じました。

★★★ Excellent!!!


 高校生にしてはアバウトな金銭事情と、ネット界、現実の区別された物語に、つい読書が進みました。
 
 一人一人キャラの個性があり、そして皆が嫌味な性格じゃないところが高評価です。
 適度に闇の部分は見せつつも、人間としての在り方をしっかりと理解した、『そのキャラらしい』性格のお陰で、さらに惹かれました。

 文章構成の面で見ても問題は無く、むしろ読みやすい模範のようにも思えます。しっかりと行ずつに空白をつくり、大事な部分では行白を増やして強調など、しっかりとした工夫がなされていました。

 ボカロ、という音楽の一種を軸とした主人公の生活を語った小説ですが、片方に強い偏りがある訳でも無く、音楽の楽しさを伝えながら、青春を描いた作品になっています。
 しっかりとしたストーリー性が確立していて、現実的に不可能と可能に区別された事を行っており、そして実際に存在しそうなフィクションを描けているところが良いと思います。

 キャラ崩壊、ストーリー崩壊も無く、度々の出来事に対して主人公の持つ常識的な力で解決していくのが素晴らしいと思いました。
 全てが全てハッピーで片付くかと思えばシリアスとまでは行きませんが暗い雰囲気になる場面があり、その中でも変化を続ける交友関係。

 ネットと現実、その両方で違う側面があり、片方ずつを片付けるのではなく両方が同時に進むという”現実感”溢れる作品だと思います。

 正直、此処までレビューを書くつもりも無かったのですが、それ程までに面白く、素敵な作品だと思えました。
 今後の展開と更なる昇華に期待しています。

★★★ Excellent!!!

初レビューです。
やばいね!最新話まで一気に読んじゃったよ!(語彙力皆無)
表題の通り、主人公の青春とその中に深く結びついてくるボーカロイドが主人公を、やがて周囲を変化させていく物語。
青春ラブコメというベースにボーカロイドという反応物と読みやすい文章という触媒が混合された結果、読者を引き込むまるで化学反応のような青春ラブコメでした。
遅々として進まないヒロインとの関係も、徐々に外堀が埋まっていく感じが見ていてニヨニヨと口元が緩んでしまいます。キャラの一人ひとりもとても魅力的です。
知ってる楽曲が出るとまた口元が緩んでしまい、電車の中で読むことはお勧めしません。変人認定をされたくなければ(笑)。
何より、一話ごとの文量と組み立てが上手く、途中で集中が切れないのがまた作者の掌の上で転がされているようで、悔しくも嬉しくあったり。
書籍化されたら、まず間違いなく買っちゃいますね!
今後も応援してます。無理の無いよう、長い更新を期待してます。
ここまで読んでくださった方は、筆下手な自分の長い文章に付き合っていただきありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

ボカロ好きの男子高校生・四ツ谷功は、ある日、公園でボカロ曲を弾き語りする美少女・指原奏と出会う。たちまち意気投合する二人だが、四ツ谷には秘密があった。指原さんがいま一番憧れるネットで人気上昇中のボカロP「つや子」こそ、四ツ谷本人だった。

普段は教室の隅にいて目立たない陰キャラ少年である四ツ谷と、いつも集団の中心にいる人気者の陽キャラ少女である指原さんという、正反対の二人がボカロという共通の趣味で繋がって、学園生活が色づいていくストーリーがいかにも青春で甘酸っぱい。

二人でこっそり待ち合わせて楽器を演奏したり、ボカロ話に花が咲いたりと、放課後デートの光景がじれったかったり、ふとしたことでボカロPであることがバレそうになってやきもきさせられたり、ダブルのもどかしさで身悶えました。

リアルが充実する一方、ネットでボカロP「つや子」のパートナーとして動画制作していたイラストレーター「ユウ」が上京してくることになり、修羅場の予感。今後の展開が気になります。

(クリエイター特集/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

他の方も仰っていますが、ボーカロイドが好きな方には自信をもってオススメできる魅力的な作品です。誰もが認める鮮やかな青春でなくとも、そこには確かに瑞々しい感性がある。他人がどう思おうと関係ない! そんな前向きな気持ちにさせてくれます。素敵な作品をありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

ボカロ歌手の少年とそれを知らない少女の青春物語で、文章はかなり読みやすく、爽やかな気持ちに襲われます。

当方は34才、15年前はバイトもせずに非リアで友人が少ない高校時代だったので、もし高校生の時がこんなに楽しかったからなぁ…と後悔しております。

胸に爽やかな風が吹きすさぶ青春物語で読み終えた人は何故か、さわやかな気持ちに襲われるでしょう。

★★★ Excellent!!!

主人公の四ツ谷功は”リアル”では、趣味も友達もいない残念系男子。しかし、ネットでは”つや子”という名前の有名ボカロP

そしてヒロインの指原奏はリアルではカースト上位の人気者。でも重度のボカロ好き

絶対に交わることの無い2人を

ボカロ

が、引き合せる!




ボカロというカテゴリー....ボクにとっては結構未知の領域だったけど、凄い分かりやすい!一気にボカロを聞きたくなった!3話以降から怒涛の展開が待ってます!ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

ボカロを使っている恋愛は初めて見ました!
新しいものにも関わらず、話がしっかりしています!

ちなみに僕はロストワンの号哭、六兆年と一夜物語、レトロマニア狂想曲が好きです。あとリンちゃんが好きです。

すみませんでした。

とっ、とにかく!凄くオススメです!