若葉の君へ

作者 シンム

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全354話

更新

  1. 零の樹
  2. 零葉――わたしは、そして、生きていく
  3. 人物紹介の樹
  4. 主人公とおそばと友達(?)
  5. 壱の樹
  6. 一葉――平穏な町
  7. 二葉――城の日常
  8. 三葉――おやつ時々脅し
  9. 四葉――ヒジリの困った泣き蟲さん
  10. 五葉――自分に愚痴。祖父の用事
  11. 六葉――新しいお側付き。城主の提案
  12. 七葉――移動
  13. 八葉――組手
  14. 九葉――本組手
  15. 十葉――元お世話役の憐れみ
  16. 十一葉――まずのご用意
  17. 十二葉――渋々だった筈でした
  18. 十三葉――ぷす。のち風呂
  19. 十四葉――こどもの残酷
  20. 十五葉――その忍、手厳しく
  21. 十六葉――老城主と小姓
  22. 十七葉――くすり
  23. 十八葉――願い届かず
  24. 十九葉――来たりし者
  25. 二十葉――ちび忍の兄
  26. 二十一葉――兄からの説教
  27. 二十二葉――闇樹が持ってきた本
  28. 二十三葉――楓の欠陥
  29. 二十四葉――楓の特技
  30. 二十五葉――楓の教え
  31. 二十六葉――挨拶は大事だが
  32. 二十七葉――楓の推奨する戦
  33. 二十八葉――楓の指摘と私感
  34. 二十九葉――ちび忍戻る
  35. 三十葉――零れる感情
  36. 三十一葉――おやつ分配
  37. 三十二葉――忍兄妹の勉強法
  38. 三十三葉――どこ疑問?
  39. 三十四葉――悲しき願望
  40. 三十五葉――先の予定について
  41. 三十六葉――珍しい里
  42. 三十七葉――俺は君に相応しい?
  43. 三十八葉――忘れるべからず
  44. 三十九葉――出発
  45. 四十葉――ここから徒歩
  46. 四十一葉――音葉の里
  47. 四十二葉――紅いひと
  48. 四十三葉――ご挨拶とおもてなし
  49. 四十四葉――ちょっとした疑問
  50. 四十五葉――お味見と風呂へ
  51. 四十六葉――罵声
  52. 四十七葉――罵詈雑言の仕上げに
  53. 四十八葉――命、洗濯ならず
  54. 四十九葉――里長の家で
  55. 五十葉――それはとても残酷な話
  56. 五十一葉――闇樹の罪
  57. 五十二葉――偶然の開花
  58. 五十三葉――謝罪
  59. 五十四葉――不浄を清めし場所
  60. 五十五葉――闇樹の枷
  61. 五十六葉――与えられた神の加護
  62. 五十七葉――小さな宴
  63. 五十八葉――そして、戻っていくのです
  64. 五十九葉――願い事、ひとつ
  65. 六十葉――喪。そして決意
  66. 弐の樹
  67. 六十一葉――風たちの不穏
  68. 六十二葉――廊下のこどもたち
  69. 六十三葉――ご挨拶と……
  70. 六十四葉――こどものガチ喧嘩
  71. 六十五葉――いぇーい
  72. 六十六葉――駆けつけた者
  73. 六十七葉――器の勝敗
  74. 六十八葉――躾はきっちり
  75. 六十九葉――苦労者同士
  76. 七十葉――夕餉のご予定
  77. 七十一葉――ちっちゃい暴君?
  78. 七十二葉――ご馳走の山
  79. 七十三葉――これ、ホントに忍?
  80. 七十四葉――幼子の説教
  81. 七十五葉――決闘せい!
  82. 七十六葉――問
  83. 七十七葉――忍のおまけ
  84. 七十八葉――真の勝者……?
  85. 七十九葉――布団の中のむにゃむにゃ話
  86. 八十葉――忍の温度
  87. 八十一葉――その場所で
  88. 八十二葉――夜風に当たりて
  89. 八十三葉――襲撃
  90. 八十四葉――名も知らぬそれのしでかしたこと
  91. 八十五葉――怒り煽って反撃はお任せ
  92. 八十六葉――風の怪異
  93. 八十七葉――幼くも初陣の覚悟
  94. 八十八葉――笑顔でいってきます
  95. 八十九葉――ヒニチ
  96. 九十葉――特秘術
  97. 九十一葉――開戦
  98. 九十二葉――末路
  99. 九十三葉――違う、よね?
  100. 九十四葉――帰還したら
  101. 九十五葉――勝利の宴
  102. 九十六葉――さよなら、友よ
  103. 参の樹
  104. 九十七葉――喜ばしく苦く
  105. 九十八葉――秋のよき日に
  106. 九十九葉――目的地に
  107. 百葉――案内人
  108. 百一葉――上田の城下町で
  109. 百二葉――拒絶反応極大
  110. 百三葉――立場逆転
  111. 百四葉――案内再開
  112. 百五葉――部屋割りと自己紹介
  113. 百六葉――仕返しの……
  114. 百七葉――夕餉の席の……
  115. 百八葉――再び
  116. 百九葉――どうしてそうなったのさ?
  117. 百十葉――ご馳走様とお戻りでーす
  118. 百十一葉――宵のお邪魔蟲
  119. 百十二葉――おはようと制裁
  120. 百十三葉――猿の先回り
  121. 百十四葉――忍の喧嘩に新諺で爆笑
  122. 百十五葉――お土産選び
  123. 百十六葉――一瞬の判断
  124. 百十七葉――阿芙蓉
  125. 百十八葉――薬特化音葉忍の示唆
  126. 百十九葉――買い物再開
  127. 百二十葉――遠きひとに謝辞
  128. 百二十一葉――宵の会議
  129. 百二十二葉――亜ノ掛
  130. 百二十三葉――闇樹の血
  131. 百二十四葉――この世で一に憎みし者
  132. 百二十五葉――話を戻して
  133. 百二十六葉――追跡
  134. 百二十七葉――驚愕対応
  135. 百二十八葉――赤の中の呟き
  136. 百二十九葉――お迎え
  137. 百三十葉――報告とそれぞれに……
  138. 百三十一葉――お勉強獄門
  139. 百三十二葉――感謝の気持ちに
  140. 百三十三葉――城下で甘味ぱーてー
  141. 百三十四葉――帰国の途に
  142. 肆の樹
  143. 百三十五葉――わたしは……
  144. 百三十六葉――あれから……
  145. 百三十七葉――七年の歳月で変わったもの
  146. 百三十八葉――一服
  147. 百三十九葉――いろいろ考えてたら衝撃発言かまされた
  148. 百四十葉――旅の理由と最初の目的地
  149. 百四十一葉――順番の謎
  150. 百四十二葉――目的と紅の思いつき
  151. 百四十三葉――紅の無茶振りと楓の主な仕事
  152. 百四十四葉――意外な事実と即行の罰
  153. 百四十五葉――なんでアンタが?
  154. 百四十六葉――暴走お兄ちゃん
  155. 百四十七葉――沈黙破壊で自己紹介
  156. 百四十八葉――嫌みのち脱兎下山
  157. 百四十九葉――ついていってみたら鬼がいた
  158. 百五十葉――事情説明
  159. 百五十一葉――滞在許可と制裁
  160. 百五十二葉――こりないおひと
  161. 百五十三葉――憂さ晴らしに待った
  162. 百五十四葉――名乗りあげと特等級のお仕置き
  163. 百五十五葉――お詫び申します
  164. 百五十六葉――アホのお土産と処刑の提案
  165. 百五十七葉――渡来の茶に闇樹の特製……
  166. 百五十八葉――隠し味にアレは大人の証
  167. 百五十九葉――のけ者の辛さ
  168. 百六十葉――いろいろあったな~
  169. 百六十一葉――夕餉のお誘い
  170. 百六十二葉――思いだしたひと
  171. 百六十三葉――生きることとは……
  172. 百六十四葉――いったい君はどう思っているの?
  173. 百六十五葉――まじめのあとにバカ披露
  174. 百六十六葉――雑談
  175. 百六十七葉――鶏肉平等おわけします
  176. 百六十八葉――御飯
  177. 百六十九葉――好き嫌い許しません
  178. 百七十葉――いや、ちょ、やりすぎ……
  179. 百七十一葉――楓の副業
  180. 百七十二葉――お風呂
  181. 百七十三葉――困ったご奉仕
  182. 百七十四葉――痛すぎ目覚まし
  183. 百七十五葉――尻消滅危機警報発令
  184. 百七十六葉――薪割りひとつとっても……
  185. 百七十七葉――無情な追加
  186. 百七十八葉――ちくっと一言
  187. 百七十九葉――素朴な疑問
  188. 百八十葉――今度はぐさっと
  189. 百八十一葉――犬千代、朝一番の仕事
  190. 百八十二葉――選手交代あんど罰再び
  191. 百八十三葉――お次の雑用
  192. 百八十四葉――差し入れ
  193. 百八十五葉――お次次々雑用祭
  194. 百八十六葉――ご褒美の一服
  195. 伍の樹
  196. 百八十七葉――無に帰すわたしと縋り人
  197. 百八十八葉――次なる目的地へ
  198. 百八十九葉――あなた、不審者ですか?
  199. 百九十葉――乞食若子
  200. 百九十一葉――戦、いくかいかぬか
  201. 百九十二葉――着られてまっせ
  202. 百九十三葉――今立つその場所に在り
  203. 百九十四葉――殴り込み役の決定と覚悟
  204. 百九十五葉――いざ、初陣!
  205. 百九十六葉――地獄絵を描くのは……
  206. 百九十七葉――断罪の……
  207. 百九十八葉――撤収
  208. 百九十九葉――今後のこと
  209. 二百葉――身嗜み整えと面白ミニ軍議
  210. 二百一葉――南の戦経験者の提案
  211. 二百二葉――指揮官とは……
  212. 二百三葉――食後に誰かさんのところへ
  213. 二百四葉――お悩み相談
  214. 二百五葉――予定の繰りあげ
  215. 二百六葉――すぐすぐ次へ
  216. 二百七葉――いざ、交渉へ!
  217. 二百八葉――交渉開始
  218. 二百九葉――話しあいを終えて
  219. 二百十葉――女の秘密と朝餉の手伝い
  220. 二百十一葉――朝餉をつついて
  221. 二百十二葉――ひとまずやること列挙
  222. 二百十三葉――君の担当はこっちじゃないの
  223. 二百十四葉――罠作成。休憩におやつ
  224. 二百十五葉――悪報
  225. 二百十六葉――砦に戻って即指示
  226. 二百十七葉――おかえりと報告
  227. 二百十八葉――忍の位
  228. 二百十九葉――一応のお見舞い
  229. 二百二十葉――井上統治の城下町へ
  230. 二百二十一葉――軽食と話しあい
  231. 二百二十二葉――本格軍議
  232. 二百二十三葉――ぐりぐりぐり
  233. 二百二十四葉――決意再び胸に
  234. 二百二十五葉――芋軽食
  235. 二百二十六葉――楓のとっておき情報
  236. 二百二十七葉――秘密をさらに暴露
  237. 二百二十八葉――タダ情報に乗って
  238. 二百二十九葉――出陣!
  239. 二百三十葉――用足しの背後から
  240. 二百三十一葉――勝利宣言をしに
  241. 二百三十二葉――これからも一緒に生きよう
  242. 二百三十三葉――勝鬨の祝いを
  243. 陸の樹
  244. 二百三十四葉――燻る想い
  245. 二百三十五葉――そうだ、釣りをしよう
  246. 二百三十六葉――ついに
  247. 二百三十七葉――とんでもないもの釣ったようだ
  248. 二百三十八葉――質問し、応答し
  249. 二百三十九葉――自己紹介と治療消毒
  250. 二百四十葉――熱湯攻めとお元気おばあ
  251. 二百四十一葉――解禁
  252. 二百四十二葉――突拍子もなく
  253. 二百四十三葉――奇遇と朝餉
  254. 二百四十四葉――美味し~い薬
  255. 二百四十五葉――約束取りつけて
  256. 二百四十六葉――登城し謁見
  257. 二百四十七葉――お助け隊入りまーす
  258. 二百四十八葉――組手と気つけ薬
  259. 二百四十九葉――切ねえ……
  260. 二百五十葉――本山建築中
  261. 二百五十一葉――理解できる喜び
  262. 二百五十二葉――可愛い目標
  263. 二百五十三葉――迷える時も
  264. 二百五十四葉――聖縁的鍛練と闇樹の手ほどき
  265. 二百五十五葉――本日の鍛練予定
  266. 二百五十六葉――読書のち移動。背後に……?
  267. 二百五十七葉――各々鍛練のち……
  268. 二百五十八葉――さりげなく「調子乗んな」
  269. 二百五十九葉――感想聞きに
  270. 二百六十葉――思い出がない悲しさ
  271. 二百六十一葉――心配過剰な忍の憐れさ
  272. 二百六十二葉――可愛さ堪能
  273. 二百六十三葉――再び読書たーいむ
  274. 二百六十四葉――現在と過去
  275. 二百六十五葉――鍛練のち観光案内希望
  276. 二百六十六葉――観光そしてついに……
  277. 二百六十七葉――元服と本気組手
  278. 漆の樹
  279. 二百六十八葉――かすかな感傷
  280. 二百六十九葉――あっついよ……
  281. 二百七十葉――まさかの展開
  282. 二百七十一葉――これぞまさしく、なひと
  283. 二百七十二葉――戦闘狂対戦闘狂
  284. 二百七十三葉――妹すとっぷ
  285. 二百七十四葉――お説教と本日の夕餉予定
  286. 二百七十五葉――薬膳嫌いは多いらしい
  287. 二百七十六葉――これはなに? 地獄釜?
  288. 二百七十七葉――流れ弾流星群
  289. 二百七十八葉――お部屋
  290. 二百七十九葉――君をなにに例えよう?
  291. 二百八十葉――甘えんぼ症候群
  292. 二百八十一葉――ひとつ、世を儚んで
  293. 二百八十二葉――これが噂の……?
  294. 二百八十三葉――突然本格に
  295. 二百八十四葉――これぞ完敗
  296. 二百八十五葉――優しい時間
  297. 二百八十六葉――昼の好奇心
  298. 二百六十七葉――楓の思い出話
  299. 二百八十八葉――そうして今、ここに在る
  300. 二百八十九葉――様子見にひょっこり
  301. 二百九十葉――男の子なんだから
  302. 二百九十一葉――変丼計画
  303. 二百九十二葉――固有武器選び……なのに?
  304. 二百九十三葉――マジ訴えが冗句に流されるこの不思議
  305. 二百九十四葉――意外と……
  306. 二百九十五葉――本気のお願い
  307. 二百九十六葉――適度に緊張して
  308. 二百九十七葉――授業開始!
  309. 二百九十八葉――お次はこちら
  310. 二百九十九葉――小休止に素朴な疑問
  311. 三百葉――忍の秘術を伝授
  312. 三百一葉――翌日のこと
  313. 三百二葉――限界ギリギリまで
  314. 三百三葉――窮鼠……
  315. 三百四葉――帰国の途へと相棒と共に
  316. 捌の樹
  317. 三百五葉――願わくは……
  318. 三百六葉――いろいろと噂はあるもんだ
  319. 三百七葉――ヒジリに似てまた異なる良国
  320. 三百八葉――布陣観察
  321. 三百九葉――エチゴで初いやぁあああ!?
  322. 三百十葉――ああ、今日も君は優しく可愛く
  323. 三百十一葉――頻発恐怖発言
  324. 三百十二葉――人生の潤いいますか?
  325. 三百十三葉――笑われ三昧
  326. 三百十四葉――大事な影だから
  327. 三百十五葉――怖い怖~い誰かさん♪
  328. 三百十六葉――一応お伺ってみる?
  329. 三百十七葉――夕餉の総指揮官決定!
  330. 三百十八葉――いつの間にやらシモ話
  331. 三百十九葉――下世話に言語で制裁
  332. 三百二十葉――軍神の本音
  333. 三百二十一葉――与え与えられて
  334. 三百二十二葉――ただひとりの女としての幸福を
  335. 三百二十三葉――唐突フルスイング
  336. 三百二十四葉――俺じゃあ、無理なの?
  337. 三百二十五葉――悩み全部ぶちまけて
  338. 三百二十六葉――え? これ普通じゃないの?
  339. 三百二十七葉――八珍も用意して
  340. 三百二十八葉――夕餉時の闖入者
  341. 三百二十九葉――厄介に大きな決断と提案を
  342. 三百三十葉――エチゴ領での陰惨なる行い
  343. 三百三十一葉――撃退
  344. 三百三十二葉――ヒジリ軍と合流そして
  345. 三百三十三葉――軍神との共闘
  346. 三百三十四葉――ヒジリの新たな光のご挨拶
  347. 三百三十五葉――ヒジリ総大将――聖縁
  348. 三百三十六葉――強さを誇れぬのは、なぜ?
  349. 三百三十七葉――「強くなって」
  350. 三百三十八葉――阿呆に一言
  351. 三百三十九葉――祝杯と忍の祝い笑み
  352. 三百四十葉――つきりと冷えた朝に
  353. 三百四十一葉――あれあれ~? おかしいなぁ?
  354. 三百四十二葉――お許しを~、を棄却され
  355. 三百四十三葉――目が覚めたら……
  356. 三百四十四葉――聖縁の恐ろしきところ
  357. 三百四十五葉――忍兄妹のまったく逆特技
  358. 三百四十六葉――闇樹の変わり種特技諸々
  359. 三百四十七葉――やな予感。異音。朝餉
  360. 三百四十八葉――兄妹の漬物揉めを背景音楽に
  361. 三百四十九葉――お勉強へご~
  362. 三百五十葉――庭園つき執務室で
  363. 三百五十一葉――無自覚脅し
  364. 三百五十二葉――よき光あらんことを