傷つきたくない私たちは

作者 奈月沙耶

34

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

工場で働く真面目で少し不器用な女性、由梨が主人公の物語です。
ジャンルは恋愛ですが、序盤はお仕事小説としても興味深いお話になっています。

仕事も恋も、しんどくない程度に、傷つかないように、ゆる~くする。
そうできればいいけれど、そういうわけにもいかない。人間の社会は――心はいろいろと面倒くさいですね。

自分のことも相手のことも気遣うことは大事。
でも、大事なことは踏み込んでいくべき? 傷つけるかもしれないのに。
そんな風に、一歩を踏み込んでくれない登場人物に、モヤっとしながら、じゃあ自分は踏み込んでいけるのかと自問自答して、渋面をつくったり……(笑……えない)

そんな感じの、いい意味でモヤっとしたものがリアルで、考えさせられます。

由梨の親友、美紀が主人公のお話もまた、興味深くて面白かったです。
もちろんおまけも面白く、ぜひおまけも含めて最後まで読んでください。

★★★ Excellent!!!

 二人の女性の繊細な心の動きが語られます。

 二人の友情。そして、恋。傷つけられることを恐れて不器用に生きていく二人は、何を考え、何を決断するのか……。

 タイトルの後に、色々な言葉が浮かびます。

 いくつか思いついたのですが、ネタバレになるので書けません。
 でも、読んだ後に感じたことを続けて、自分だけの密かなタイトルを完成させる。そういう楽しみ方もあると思います。

 『傷つきたくない私たちは……』

★★★ Excellent!!!

この物語にはタイトル以外に何のコピーも付いていないが、そのことが逆に、帯も何も付いていない本をタイトルに惹かれて手に取った時のような、不思議な期待感を膨らませてくれる。
そしてこの作者様の綴る物語は、いつも私の「左脳」ではなく「右脳」へ訴えかけてくるような、不思議な力を持っている。
まだ第一話が投稿されただけの今作も、やはりそうだ。

それが文体からくるものなのか、醸し出される雰囲気から来るものなのかはうまく説明できないのだが、考えるよりは「感じろ」と作者様に言われているような気がしてならない。作者様から「勝負」を挑まれている感じすらあるのだ。
だから今回も私は、思わずフォローにチェックを入れてしまった。

「傷つきたくない私たち」は一体どんな毎日を過ごし、そして何を望んで生きているのか。そしてこの先どんな選択をしていくのだろうか。

私は全力で感じ取ってみたくなった。