良心の個室

作者 HAL

こういう世界があってもいいな、と思わせる、まさかのラスト。

  • ★★★ Excellent!!!

リストラで大事な色々を奪われた主人公の転落具合が、なかなか容赦がなく、それがリアルさを感じさせます。
『まさかあの人が』
という事は実際に色々ニュースで流れたりしますもんね。
そんな彼が、これまたある日の『日課』でまさかの事態に陥り、迷った末に……という物語。
行き過ぎたあれこれから生じる、理不尽な現実を感じさせる出来事の多い昨今に、一杯の清涼剤の様な効果を感じました。爽快なラストです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

躯螺都幽冥牢彦(くらつ・ゆめろうひこ)さんの他のおすすめレビュー 305