笑む、かな

作者 紺藤 香純

奥ゆかしさに、理由あり

  • ★★★ Excellent!!!

私も個人的に俳句や川柳を詠むことがあるが、それもきっと文中に出てくる『先生』に添削されれば、ボコボコに直されてしまうだろう。

「なぜここは直されたのだろう?」という疑問を持ちながら読むことで、直接的な表現を用いない俳句の奥ゆかしさを学ぶことができる、

……かもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

居間正三さんの他のおすすめレビュー 435