イリヤの空、UFOの夏

作者 秋山瑞人/電撃文庫

中学生だった。あの頃、僕はなんでもできると思っていた。

  • ★★★ Excellent!!!

この小説に憧れて、物語を書き続けてきたところがあります。
オマージュ元の妖精作戦に遡ったりも。

中学生だったころの無自覚な万能感と
それでも「なんでも」はできない無力感。
倦怠の続く退屈な日常の中、
みんなと違う特別な何者かになりたかったあの日々。

ぜひ浅羽と、そして伊里野と一緒に、中学生だったあの日の日常を送ってほしい。願わくば最後まで走り抜けて。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー