第三種接近遭遇 6/9



 ああ──。



 ようやく、二人は納得した。


 水前寺テーマは季節と共に移ろい行く。


 超能力の冬が過ぎ、ゆうれいの春が過ぎて、水前寺のきようの対象が何の前触れもなく根こそぎアップデートされる日が、再び巡り来たのである。


 浅羽はがっくりと肩を落とした。晶穂は「子犬あげます」に戻った。生後三ヶ月メス芝健、芝けん、芝件、芝研、とスペースキーを押しながら、


「そっか、もうそんな時期なのね」


 浅羽はただ、


「重かったのになー」


「あたし明日から夏服着てこよっと」


 浅羽はただただ、


「重かったのになー」


 水前寺がいきなりくだけた口調に戻って、


「おいこらなに和んでんだお前ら。少しは感動しろ感動」


 するものか、と二人は同時に思う。ことに浅羽のダメージは大きい。テーブルの上の卒業アルバムの山をちらりと見て、またこれを返しに行かなければならないのかと思うと身体からだが地の底に沈むかと思う。晶穂が、


「つまり、幽霊はもうやめにして、これからはUFOに追い込みかけちゃうわけですか」


「ああ」


 水前寺はうなずき、目を細めて、ものすごくいい顔で笑った。毎年毎年少なからぬ新入生女子がこの笑顔にだまされ、貴重な紙資源をラブレターに変えて水前寺の箱に突っ込むという最悪の愚行に走る。


 晶穂は一応聞いておこうと思ったのか、


「──あの、どうして六月二十四日はUFOの日なんですか?」


どう特派員! 君はそれでもそのはら電波の特派員か! そんなことも知らないでジャーナリストとして全力を尽くしていると胸を張れるのか!」


「普通知らないわよそんなことっ!」


「じゃヒントだ。時は西暦一九四七年六月二十四日の火曜日、所は北米ワシントン州レイニア山上空約9500フィート」


 そのヒントに、少しずつダメージから回復しつつあったあさが反応した。


 ──あれ、それ、どこかで──


 レイニア山。


 その名前に聞きおぼえがある。


 確か、ずっと昔に読んだ子供向けのUFOの本か何かで──


「──ええっと、ケネス・アーノルド事件」


 その名前は、ふと口をついて浅羽の口からこぼれ出た。


 ずっと昔の、もう顔も思い出せない友達のあだ名のような、ひどくなつかしい口触りの名前だった。そんな名前が自分の頭の片すみに残っていたことに、少しだけ感動した。


「さすがは浅羽特派員!」


 すいぜんかべにかけられたコルクボードに歩み寄り、「よかった探し表」の「浅羽」のらんに赤くて丸いシールをぺたりとった。くるりと振り返って、


「軽飛行機にて飛行中だったケネス・アーノルドは、レイニア山上空で『水面に投げた受け皿のようにスキップしながら飛ぶ正体不明の九つの飛行物体』をもくげきした。これが公式に報告された中では最初のUFO目撃事件であり、以降六月二十四日は、全世界的に、UFOの日であるとされているっ」


 そう言って水前寺は満足げにうんうんとうなずく。


 浅羽はしかし、『卒業アルバムに見るしんれい写真』にまだ未練があって、


「──けど、じゃあ、次の号の企画は? 何かあてでもあるんですか?」


「無論だ。次なる取材は極めて過酷な長丁場になる。入念な準備が必要だ」


「え?」


「須藤特派員、七月号の紙面はすべて君に任せる。思う存分マジメな記事を書いてくれたまえ。我々はその間に極秘取材の準備にかかる」


 浅羽とあきはふたりして「はあ?」と間抜けな声を出して、


「い、いきなりそんなこと言われても困りますっ」


「あ、あの、我々っていうのはやっぱりぼくと部長なんですか」


「浅羽特派員は体力的に不安があるからな。ブルワーカーでもようめいしゆでも構わん、今から身体からだきたえておくように」


 あさは不安になってきた。極秘取材という言葉のひびきが何とも不気味だった。とんでもないところに連れていかれてとんでもないことをやらされるかもしれない。


「極秘取材って、どこへ──」


「なに、すぐそこの裏山さ」


 そう聞いて浅羽は少しだけ安心した。その油断に夏休みを丸ごと食い尽くされることになるとも知らずに。さらに尋ねる、


「だけど、なんでまた裏山なんです?」


 すいぜんは不敵に笑い、さも当然のことのように言い切った。


「UFOっていったら裏山だろ」


 夏も近づく六月二十四日の、放課後の出来事だった。


 超能力の冬が過ぎ、ゆうれいの春が過ぎて、浅羽なおゆきのUFOの夏がやって来たのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます