第三種接近遭遇

第三種接近遭遇 1/9

 めちゃくちゃ気持ちいいぞ、とだれかが言っていた。


 だから、自分もやろうと決めた。


 山ごもりからの帰り道、学校のプールに忍び込んで泳いでやろうとあさなおゆきは思った。



 中学二年の夏休み最後の日の、しかも午後八時を五分ほど過ぎていた。近くのビデオ屋に自転車を止めて、ぱんぱんにふくれたダッフルバッグを肩に掛けて、街灯もろくにない道を歩いて学校まで戻った。


 北側の通用門を乗り越える。


 部室長屋の裏手を足早に通り抜ける。


 敵地にせんにゆうしたスパイのような気分で焼却炉の陰からこっそりと周囲の様子をうかがう。田舎いなかの学校のグランドなんて広いだけが取り柄で、何部のヘタクソが引いたのかもよくわからないぐにゃぐにゃした白線はひと夏がかりで散々にみにじられて、まだやみに慣れきっていない目にはまるでナスカの地上絵のように見える。右手には古ぼけた体育館、正面には古ぼけすぎて風格すら漂うそのはら市立園原中学校の木造校舎、そして左手には、この学校にある建造物の中では一番の新参者の園原地区第四防空壕シエルター。あたりは暗く、当たり前のように誰の姿もなく、遠くの物音が意外なほどはっきりと耳に届く。いつまでも鳴り続けている電話のベル、何かを追いかけているパトカーのサイレン、どこかで原チャリのセルモーターが回り、誰かがジュースを買って自販機に礼を言われた。ふと、夜空にそびえ立つ丸に「仏」の赤い文字が目に入る。つい最近になって街外れにできたぶつだん屋の広告塔だ。気分がこわれるので、見なかったことにする。


 校舎の真ん中にある時計塔は、午後八時十四分を指している。


 そんじょそこらの午後八時十四分ではない。


 中学二年の夏休み最後の日の、午後八時十四分である。


 この期に及んでまだ宿題が丸っきり手つかずのあさにとって、グランドを隔てて夏の夜に沈むあの時計塔つきの校舎はまさに、木造三階建ての時限ばくだんほかならない。憎むべきはあの時計塔だった。あの時計塔の歯車の息の根を止めてしまえば、八時十四分で世界中の時間が止まるような気がする。そうなれば、夏休みは終わらないし二学期は始まらない。ここ一ヶ月半、あのばんを見上げる者といえばせいぜい運動部のイガグリ頭どもくらいしかいなかったはずなのに、少しくらいサボったって誰にもわかりはしないのに、秒針だってないくせに、あの時計塔は一ヶ月と半分という永遠にも等しい時間を一秒ずつ削り続けていたのだ。


 そして今、あさに残された時間はあと十三時間にも満たない。


 あと十三時間でどかん。情け容赦なく二学期は始まる。理科教師にして二年四組担任のかわぐちたいぞう三十五歳独身は、宿題を提出できない者たちをきようだんに並べて立たせ、科学的な目つきでにらみつけ、並んだ頭をしゆつせき簿で科学的にばっこんばっこんたたきながら、なぜ宿題が提出されないのかについての科学的な申し開きを要求するだろう。


 ──だって先生、仕方なかったんです。ぼくは夏休みの初日にUFOにさらわれて、月の裏側にあるピラミッドに連れて行かれたんですから。そのピラミッドはやつらの地球侵略のための秘密基地で、ぼくが押し込まれたろうにはぼく以外にも世界各国から同じように連れ去られた七人の少年少女がいました。ぼくらはその牢屋から脱走して、奴らの光線銃を奪って大暴れして、ついにピラミッドをかいしてUFOで脱出して、昨日の夜にやっと地球に戻ってこれたんです。宿題をやってるヒマなんかなかったんです。だけど、ぼくらのおかげで人類は滅亡から救われたんだし、こうしてぼくと先生の今日という日もあるわけです。いえ違います、ですからこれは日焼けじゃなくて、UFOの反重力フィールドによる放射線ばくです。ほらよく見てくださいよ、第五ふくりゆうまるみたいでしょ?


 八つ裂き間違いなしだ。


 とはいえ、「新聞部部長のすいぜんさんにつき合って、夏休みの間ずっとそのはら基地の裏山にこもってUFOを探していました」と正直に話したところで、結果がそう違ったものになるとは思えなかった。その現実は浅羽と一緒に焼却炉の陰に隠れている。あと十三時間足らずで、それはささやかな歴史的事実として確定する。


 浅羽なおゆきの中学二年の夏休みは、園原基地の裏山に飲まれて消えたのだ。


 あと十三時間だ。


 死刑囚だって最後にタバコくらいはわせてもらえるのだ。


 だから自分は、夜中に学校のプールに忍び込んで泳ぐくらいのことはしてもいいのだ。


 当然、やるべきなのだった。


 すぐ近くのどこかにピントのずれたセミがいて、やみの中でじわりと一小節だけいた。浅羽は周囲にだれの姿もないことを最終確認する。木造三階建ての校舎だけが、「お前の悪事は何もかもお見通しだ」とばかりにすべての窓を見開いて浅羽をにらんでいる。その校舎の真ん中左寄りに職員室があって、そのまたとなりに「仮眠室」という名前の、狭くて畳きで用途不明な部屋があることも浅羽は知っている。宿直の先生がいるとすれば多分そこだと思う。が、校舎のどの窓からも明かりは漏れていなかったし、そもそも自分の学校が夜間に宿直の先生などというものを置いているのかどうか、浅羽はよく知らない。


 目的地であるプールは体育館の並びにあって、浅羽の隠れている焼却炉からは30メートルほどの距離がある。プールの周囲はフェンスではなく、合成じゆのパネルをつなぎ合わせた背の高いかべで囲まれている。あれこそ悪名高きベルリンの壁、「これじゃ女子のプールの授業を見物できない」という男子生徒のえんの声を一身に受けてなお揺るぎない難攻不落の壁だ。しかし今のあさにとって、あの壁は味方だった。あの壁のおかげで、夜中にプールで泳いでいる自分の姿が外から見られることもないわけだから。進入ルートの目途もついている。更衣室の入り口のドアはすっかりガタがきているので、かぎが掛かっていようがお構いなしに力いっぱいノブを回せばロックが外れてしまうことを、浅羽はよく知っていた。


 あとは度胸だけ。


 だれもいるはずがない。絶対バレない。


 だけど──という不安をぬぐい去れない。万が一にでも見つかったら大目玉だ。


 走った。


 ダッフルバッグをばたばたさせて、身を隠すもののない最後の30メートルを走り抜けた。更衣室の入り口をくの字型に目隠ししているブロック塀の陰に転がり込む。呼吸を整え、再び周囲を見まわしてやっと少しだけ安心する。更衣室入り口のドアノブを両手で思いっきり回す。もうしきった金属がこすれ合う「がりっ」という感触を手に残して、ロックはひとたまりもなく外れた。


 そのとき、パトカーのサイレンが聞こえた。


 まさか自分に関係があるはずはないとわかってはいても、浅羽は思わず身体からだをこわばらせて息を止めた。


 まただ、と思った。さっき焼却炉の陰に隠れていたときにも聞こえた。


 サイレンは溶けるように遠のいていき、唐突に途絶えて消えた。


 今夜はやけにパトカーが元気だ。何か事件でもあったのだろうか。そう言えば、夏休みの少し前に「北のスパイが付近にせんぷくしている可能性があるから気をつけろ」というかいらん板が回ったことがある。スパイには夏休みもクソもないのだろうか。


 深呼吸をした。


 更衣室のドアをそっと開け、中をのぞいてみる。


 真っ暗だった。


 暗すぎて、この中で着替えるのは無理だと思った。明かりをけるのはいくらなんでもまずい。少し迷ってから、浅羽はこの場で着替えることにした。目隠しのブロック塀の陰だし、まさか誰か来たりもしないだろう。バッグを肩から下ろし、ジッパーを引き開け、そのときになってようやく浅羽は重大なミスに気がついた。


 山ごもりからの帰り道、だったのだ。


 つまり、このバッグの中には山ごもりの荷物が詰まっている。歯ブラシとかタオルとか着替えとか虫除けスプレーとかカメラとか小型の無線機とか。しかし、どう考えても山ごもりに海パンは必要ない。


 というわけで、自分は今、海パンを持っていない。


 ものすごくがっかりした。


 あさはその場にしゃがみ込んだ。前の晩からの一大決心をしてアダルトビデオを借りにとんでもなく遠くのビデオ屋に出かけ、「これだ!」と思うパッケージに手をかけたそのときに財布を忘れてきたことに気づいた、あのときの落胆に似ていた。


 突飛な考えが頭をよぎる。


 こうなったら、素っ裸で泳ぐか。


 そのくらいの無茶はやってやろうか。


 夜中に学校のプールで素っ裸で泳ぐというのは何だかすごく気持ちのいいことであるような気がいつしゆんだけして、自分にはしゆつ狂の気があるのかと不安になる。やはり素っ裸はまずい。何か海パンの代わりになるようなものはないかと、やみくもにバッグの中をあさった。


 くしゃくしゃに丸めた短パンが出てきた。


 シュラフの中で眠るときにはいていた、学校指定の体育の短パンだ。


 周囲にだれもいないことをもう一度確認して、浅羽はそそくさとズボンとトランクスを脱ぎ、短パンをはいてみた。Tシャツも脱いでおのが姿を見下ろす。らしくないポケットがついているし、海パンと違ってインナーがないのでやけにすーすーする。


 でも、そんなにおかしくはないと思う。


 せっかくここまで来たんだし。


 腹は決まった。脱いだものをバッグにり込んで浅羽は更衣室の中に入った。かろうじて見分けられるロッカーの輪郭を伝って、塩素の匂いのする湿っぽい暗闇の中を手探りで進んだ。シャワーも消毒そうも素通りする。れた床の滑りやすさを足の裏で意識しながら、去年の夏にやけがコケてまみれになったのって確かこのへんだったよな、と思う。せんせーおれしぬのーしぬのー、という泣き声までが生々しくよみがえり、浅羽はひとり心の中でびた。すまん三宅、あのときのお前はめちゃくちゃ面白かった。


 スイングドアを押し開けて、夜のプールサイドに出た。


 そこで、浅羽の思い出し笑いは消し飛んだ。しゆんかん的に足元がお留守になって、のたくっていたホースをんづけて危うく転びそうになった。


 夜のプールサイドに、先客がいたのだ。




 女の子だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます