第39話・二日目の登校

 高山は長谷寺を腕から降ろすと、彼に風呂敷包みを渡して髪留めにキスを一つ落とし、さっさとその場を後にした。最早もはや、目が点になった状態で固まっている迅の前を横切って、店内に入った長谷寺は二階へ上がっていく。自分の部屋に、宝箱とブカブカのスウェットを置いて装置が入った箱二つを手にし、まずは人間である透の元へ向かった。


着替えの最中だった透は、突然開いたドアの向こうに、ずいぶん髪の量が増えている長谷寺が視界に飛び込んできたのと同時に、半歩だけ後ずさる。昨夜までは、即顔を赤くするほどの暴力的な魅力にやられていた彼だったが、今回は少しマシになっている事に気づいた。髪留めに込められた術式のおかげなのだが、透は勿論のこと長谷寺自身もその事は知らなかった。アルファベットで小箱のふたに名前が刻印されているのを確認しながら、長谷寺は透の手にそれを渡した。彼は当然、この事態が飲み込めずに首を傾げる。


「それ、[紫陽花と日常生活を過ごせるようになる]指輪が入ってるんだって!絶対につけてね!」


「あ、はい」


「じゃ!こっちは迅ちゃんの分!学校いくねーっ!」


「あ、いってら…って、はやっ」


 シャツを羽織っただけの格好である透の手に、迅の分の指輪が入っている小箱も置いて、嵐のように走り去っていく長谷寺。その勢いを殺すことなくカウンターの上にある国語辞典を手にして、店のドアを閉めたばかりの迅に[いってきます!]と元気な挨拶を投げ、閉まったばかりのドアをバーンッと蹴り開けると、着任二日目にして遅刻はすまいと物凄いスピードで走っていく。驚きながらも何を心配する事も無かったと安心しつつ、迅は二階へ上がっていった。そこで透と鉢合わせ、弟からの説明を受けて納得すると、指輪をめた。


 一方の長谷寺は、始業の時間まではまだ三十分以上あることに気づかないまま、急いでいた。その様子を目にした3Dの生徒の一人、幸嶋こうじま 一政いっせいが不思議そうに声をかけた。彼は、3Dの生徒にしては珍しく、整えられた黒髪に涼しげな黒眼、ノンフレームの眼鏡をかけた、一見すると優等生に見える美しい青年だが、交友関係は暗黒街に相応ふさわしいものだ。一日目はそっと見守ることに徹していたが、長谷寺の豊かな丸みを帯びた美しい黒髪を見て、彼の力が暴走する可能性は低いだろうと予想し口を開いた。実は彼等、紘之助などを通して出会った知り合いである。


「長谷寺さん、そんなに急いでどうしたんですか?」


「えっ!だって時間がっ…あれ?一政くんだっ!おはよーっ」


「おはようございます、時間、まだかなりありますよ」


 幸嶋にそう言われ、今日はじめてポケットから懐中時計を取り出し時間の確認をする。確かに彼の言う通り、だいぶ早い。五年ぶりに隣合って歩く二人、主に長谷寺の様子を、昨日と同様に今日も暗黒街からコッソリと見に来た者達が目を皿のようにしてうかがっていた。彼の手に、ステッキが無いことをしっかり記憶に焼き付けると、静かに引き返していく。彼等は、あのステッキさえなければ何とかなるだろうと、間違った思い込みを捨てられる機会がないまま、下校時に再び長谷寺を囲むことになる。


 そんな風にとらえられているとは露知つゆしらず、和気藹々わきあいあいと久しぶりの会話を交わしながら、嵐堂学園の正門をくぐり抜けた頃、黒腕 飛鳥が後ろから、長谷寺に抱き付きついでに横へ並び三人で乗降口へ向かっていく。何をか言わんや、早めに登校して遊んでいる生徒達からの視線はそこへ釘付けである。昨夜のあれこれを全くもって知らない者達からすれば、昨日3Dの担任として着任したばかりの美しい爆走教師が、学園内でも高い位置にいる実力者二人に挟まれて笑いながら仲良く登校してきたのだ、それは驚く。





.

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます