異世界転生したらヤンデレ妹の兄になりました ~スローライフなんかなかった~

作者 ひぐらし@☆302

302

118人が評価しました

★で称える

レビューを書く

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

異世界転生モノ+ヤンデレと、タイトルの時点で惹かれてしまう作品。
もし、一目見て興味を持った人はその感情に従って一話、二話と読んでみてください。


転生後途中で中だるみすることなく、強烈なキャラが暴れ回っており、退屈することなく読み進められます。

異世界転生好きにも、ファンタジー好きにも、ヤンデレ好きにもオススメ!
是非!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

冒頭の知識がある故に、霧崎圭人が冷静に分析しながら死んでいく様子に呑み込まれました。

そして「キリ王子」でぷぷぷっと笑いました!

頭脳明晰なだけに打算的な考え方がちらちらと見える中、妹やメイドをはじめ、周りの人間を引き込んでいく魅力があります。

残虐王子がある日、皿洗いまで手伝う常識王子に変わって、異世界は大きく変わりますね。妹ローレンシアも、きっと。

ただ、木刀でぼこぼこにされたり、前途多難そうですが。
錬金術師など出てきてわくわくします!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

 ある日、サバイバルナイフで刺された主人公は、異世界に転生する。
 主人公は一国一城の王様に転生したらしいのだが、何やら元々の王様は血も涙もない戦闘狂で、人民を人扱いしない、むちゃくちゃな暴君だったようで、いたってノーマルな主人公はその落差に四苦八苦する。周りで世話をしてくれる女性たち、とくにハーフエルフの女性と主人公は打ち解けていく。しかしその一方で、妹姫は何故か主人公を殺しにかかる。
 今はやりの「俺強ええ」系ではなく、頭脳派系で描かれる王道の異世界ファンタジー。主人公のツッコミが見どころの一つ。

 敵の正体は?
 妹姫が殺意にこめた、深刻な悩みとは?

 是非、ご一読ください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

 一人称で有りながら情景描写が丁寧に表現されていて、風景や状況が頭の中に驚くほど簡単に浮かび上がる文章の流れには本当に驚きました。
 他にも序盤から数話ほど書かれている―あるものの手記―は短いながらも人の心理をつき、読者としても執筆者としても考えさせられる題材。
 全体の地の文も読む側が苦しくないよう適度に区切られており、最後までさくさく読み進められる物となっているのがとても印象的!!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

触りの部分まで読ませていただきました。
少し気になったのが、プロローグ部分で一人称視点だったのに意識を失うところで急に三人称視点になったので違和感を覚えました。

異世界モノはあまり得意ではないので時間はかかりますが、引き続き読ませていただきます。これからも頑張って下さい。応援しています。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました