異世界転生したらヤンデレ妹の兄になりました

作者 浅草地蔵@小説書き

677

259人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

タイトル通りのツカミで展開していく物語です。

この作品のウリは描写の細かさと序盤の入り込みやすさ!
これはどうなっているのか、誰がいてどんな状況なのかがしっかりわかって詰まることなく読み進められるはず。

ヤンデレの妹と主人公、その周りが織りなす物語。しかし、後半へ行くにつれて流れは大きなうねりを伴って……?

是非、この物語の観測者となってください……!

★★★ Excellent!!!

異世界転生といえば、チートな能力で可愛いヒロインと魔王退治!といったイメージを吹き飛ばす、厳しい道のり。
評判の悪い王子の肉体に生まれ変わった主人公は、ヤンデレな妹を始め、戦争や差別や政治など、次々と困難に直面し、時に傷つきながら、解決を強いられる事になる。
さらに、予想外の展開も待っていて・・・。
コメディタッチの明るい文体でテンポ良く読めるが、中身はなかなかシリアスな要素が満載。
毎回、誰かの「手記」から始まるのも意味深。
この世界には、どんな謎が隠されているのか?
メイドさんやハーフエルフなど可愛い女の子もたくさん出てきます。

★★★ Excellent!!!

転生の前段階が克明で、「安易に転生しようとしてはいけないな」と考えさせられる重い作品……ではありません。
ハイテンポで読者をぐいぐいと引っ張っていく魅力ある文体と、ドミノ式に主人公に降りかかるイベントの数々。「一体どうなってしまうのか」と読むスピードが加速していきます。
主人公に与えられたのは地位、そしてスマホの入ったポーチだけ。注意深く周囲を観察し、立ち回るキリの姿に好感が持てました。
サバイバルナイフを持った妹も、ヤン「デレ」と明記されているので、安心な前提で読めました。
あと、各話ごとに手記で始まるのが、伝承の物語っぽくて世界観に厚みを加えていました。

★★★ Excellent!!!

第1話の終わりの一言で引き込まれ、そこからサクサクと読み進められました。
また、文章や登場人物のセリフに独特の感じがあって好きです。シリアスな展開にもところどころでコメディ要素があって楽しめました。
登場人物にはしっかりと特徴が付けられていて、特にヤンデレ好きにはおすすめ。

ぜひみなさんも本作を読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

三人称の文がいい意味で少し固くて、それによって内容や、情景描写が伝わりやすくなってるなと思いました。また、主人公が賢くて、その賢さを使って仲間に協力をもちかけたり、あるいは誰かを探ったりするシーンがあるのが、能力がいかされてて面白いなと思いました!!他にも、ファンタジーならではの登場人物がいたりして、目を魅かれます。まだ途中なので、続きも読ませていただこうと思います!

★★★ Excellent!!!

10話まで拝読させていただきました。

ヤンデレ妹ことローレンシア姫は、血濡れたサバイバルナイフを常備しており,普通に読んだら「え!?」と度肝を抜かれます!(特に転生した主人公は、前世でナイフで刺されて死んでいるので、余計にトラウマだろうなと思います)


しかし、本当にヤンデレ妹ローレンシアは怖いだけでしょうか?

主人公の転生(憑依の方が近い?)した元キリ王子の残虐性やよからぬ噂……
そして、ヤンデレ妹が「ヤンデレ」になった意味を考えると……

ローレンシア姫が、いつも血を滴らせているのは「兄であるキリ王子を、暗殺者等から守っているため」という兄妹愛を想像できました。

イイですね!(*'▽')



気になった点を挙げるとすれば

・全体的に抽象的な表現が多く使用されて、場面が分かりにくいこと。
・視点の切り替えが多いので「ん?」となる時があること。
・ストーリー中の出来事に対する「前振り(例えば、前の話でわずかに触れておくとか)」が希薄なため、イベントが唐突に起こったように見えること。

の3点でしょうか。

★★★ Excellent!!!

奇想天外な出だし。
詳細な設定。
魅力的な主人公。

どんなに条件が良くても面白い小説とそうでない小説が出てくる。
それはやはり書き手の表現力に依存していると思う。

心の機微な部分をどう伝えるか。
その場面をイメージしやすくするためにどう伝えるか。

それらが素晴らしく、読んでいて書き手の世界観がどっと頭の中に流れ込んでくる。
そんな小説です。

本当は内容の良さを書きたいのですが、私の稚拙な文では十分に紹介できないので、そこは是非、ご一読頂いてご自身で判断して欲しいと思います。

★★ Very Good!!

物語は伏線が多く、情報が少なく、そして急展開が多いためなかなか理解しながら読むのが難しかったです。
しかし一人一人のキャラクターがよく作り込まれていて、行動にそのキャラクター性がしっかりと出ていて良かったです。
簡単な誤字や、視点が一人称と三人称を行ったり来たりする所が良くなれば、さらに読みやすくなると思います。

★★★ Excellent!!!

まだ数話しか読めていないんですが…ある部分において、この作品はとても想像を掻き立てられます。コミカルかつ、シリアスに進んでいく物語…目が離せません!同じ高校生でここまで秀逸な作家さんに出会えたこと!本当に誇らしく思います!

★★★ Excellent!!!

主人公、圭人が転生した先では、いわずもがな、ありとあらゆるものが目新しく、そして異常です。
特に誰もかれもが圭人めがけて襲ってくる。今回の話では誰がどんな形で襲ってくるのかな~、と楽しく読み進めることができます。

一方で、圭人の対応に「あれ?」という部分もあります。これは読み進めていくと伏線が回収されていくことになるのですが、個人的にふと感じたことは、異常には異常で返しているのではということです。いきなり切りかかり、殺そうとしてくる異世界の環境において、陥らざるをえなかった心境なのかな、と。

シナリオはすごくブラックなのに、独白部分で笑わせてくださっているため、爽やかな雰囲気の作品に仕上がっています。
一つのテーマとしてではなく、毎話毎話にたがの外れた異常性を求めたい方にはぜひ本作をお勧めします。
妹のローレンシアを筆頭に、各キャラクターの行動には素早さがあり、テンポ的な魅力があります。

★★★ Excellent!!!

異世界転生モノ+ヤンデレと、タイトルの時点で惹かれてしまう作品。
もし、一目見て興味を持った人はその感情に従って一話、二話と読んでみてください。


転生後途中で中だるみすることなく、強烈なキャラが暴れ回っており、退屈することなく読み進められます。

異世界転生好きにも、ファンタジー好きにも、ヤンデレ好きにもオススメ!
是非!

★★★ Excellent!!!

冒頭の知識がある故に、霧崎圭人が冷静に分析しながら死んでいく様子に呑み込まれました。

そして「キリ王子」でぷぷぷっと笑いました!

頭脳明晰なだけに打算的な考え方がちらちらと見える中、妹やメイドをはじめ、周りの人間を引き込んでいく魅力があります。

残虐王子がある日、皿洗いまで手伝う常識王子に変わって、異世界は大きく変わりますね。妹ローレンシアも、きっと。

ただ、木刀でぼこぼこにされたり、前途多難そうですが。
錬金術師など出てきてわくわくします!

★★★ Excellent!!!

 ある日、サバイバルナイフで刺された主人公は、異世界に転生する。
 主人公は一国一城の王様に転生したらしいのだが、何やら元々の王様は血も涙もない戦闘狂で、人民を人扱いしない、むちゃくちゃな暴君だったようで、いたってノーマルな主人公はその落差に四苦八苦する。周りで世話をしてくれる女性たち、とくにハーフエルフの女性と主人公は打ち解けていく。しかしその一方で、妹姫は何故か主人公を殺しにかかる。
 今はやりの「俺強ええ」系ではなく、頭脳派系で描かれる王道の異世界ファンタジー。主人公のツッコミが見どころの一つ。

 敵の正体は?
 妹姫が殺意にこめた、深刻な悩みとは?

 是非、ご一読ください。

★★ Very Good!!

 一人称で有りながら情景描写が丁寧に表現されていて、風景や状況が頭の中に驚くほど簡単に浮かび上がる文章の流れには本当に驚きました。
 他にも序盤から数話ほど書かれている―あるものの手記―は短いながらも人の心理をつき、読者としても執筆者としても考えさせられる題材。
 全体の地の文も読む側が苦しくないよう適度に区切られており、最後までさくさく読み進められる物となっているのがとても印象的!!

★★ Very Good!!

触りの部分まで読ませていただきました。
少し気になったのが、プロローグ部分で一人称視点だったのに意識を失うところで急に三人称視点になったので違和感を覚えました。

異世界モノはあまり得意ではないので時間はかかりますが、引き続き読ませていただきます。これからも頑張って下さい。応援しています。

★★★ Excellent!!!

 この作品の最大の特徴は、『極限までに絞り込まれた情報』であろう。

 最初は、あまりにも言葉足らずと思われた。

 現実世界で不運続きだった少年が、突如異世界転移して、某国の王子様になるといった、いかにもありきたりなスタートを切りながら、とにかく与えられる情報が少なすぎて、主人公はもちろん読者までもが、何が何だかさっぱりわからないまま、ストーリーだけが勝手に進んでいくのだ。

 出会い頭いきなりサバイバルナイフで斬り付けてくる、ヤンデレの妹姫。
 なぜか主人公に対してことさら怯えている、美少女メイドたち。
 不満を隠さず、突如王子である主人公に殴りかかってくる、領民たち。
 何の前触れもなく攻め込んでくる、隣国の軍隊。
 突然登場したかと思えば、何の説明もなく退場していく、数多くの明らかにキーパーソンと思われる者たち。
 いきなり異世界でも元の現実世界でもない、まったく別の世界へとワープする、物語の舞台そのもの。

 しかも極めつけには、視点キャラである主人公自身の記憶がたびたび失われて、ストーリー展開が分断されたり、場合によっては一部については無かったことにされるといった有り様。

 以上の諸々の結果、常に読者は、ストーリーの先行きのあまりの不透明さに、不安感と不気味さとを抱き続けなくてはならなかった。

 ──あたかも、狂気と不条理の無限迷宮にでも、迷い込んでしまったかのように。

 しかし考えてみれば、真にリアルな異世界転移としては、まさにこれぞ正しい姿なのではなかろうか?

 確かに普通のエンターテインメント系のWeb小説においては、主人公が異世界転生を行うと遅滞なく、何らかの形でその世界観や主要キャラクターに関する、少なくとも最低限の解説を施してくれて、読者共々何の不安や不満もなく、物語世界を十分に堪能することができるであろう。

 ……だが、私たちが『本当に… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

転生したのを隠さねばならない出だしは珍しいな〜と思って読み進めました。
ステレオタイプの異世界転生を否定しながらも、しっかりその状況に陥って苦悶する主人公。……なんてうらやましい(笑)
でもナイフを投げつけられたり、木刀で肩を強打されたりと、なかなかうらやましくない状況にも陥っています。……痛そう(><)
ちょっと武闘派のヤンデレ妹には苦労しそうですが、やっぱり愛らしいのでグイグイ引き込まれますね!
オマケ小話として、キャラへのインタビューなども面白いです!

★★★ Excellent!!!

王子に転生したはいいが、妹がヤンデレだった。という本作。

二話目からガツンとくるインパクト。
もう会話の時点で空気が凍り付いている。

個人的にはヤンデレの妹が血まみれの物騒な得物を持っていた時点で、盛大に吹き出してしまった。

怖いよ!

でも、魅力満載の美少女でありながら、背筋が冷たくなる雰囲気を纏っているのがヤンデレの最大の魅力と言っていいだろう。

ヤンデレが好きな人は琴線に触れる作品です。
また、気になる方もこの機会に、是非とも読んでみてください。