封鎖突破

作者 喬木 あきら

作品について(追記あり)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • はじめまして。

    良作を堪能させて頂きました。
    ありがとうございました。


    レビューでは何も考えずに書いてしまい、
    大変失礼いたしました。
    明治期の翻訳は漢学の素養がある読者を想定していたらしく、下手をすると英語版より読みにくい場合がありますので、事実上の本邦初訳と考えて相違ない、と言いたかったのです。。。

    お手数をおかけしてしまい、
    誠に申し訳ありませんでした。

    取り急ぎ、お詫び方々。

    作者からの返信

    はじめまして。
    こちらこそ、大変失礼しました。

    拙訳をきっかけに原作の情報を検索してくださる方がいらしたこと、
    大変励みになり、うれしく思いました。
    本当にありがとうございました。

    2018年5月2日 08:41