02-07 ポムピー


沙耶は、メッセンジャーアプリの画面を見るなり目を見開いた。

「え……? 」

画面に表示されているメッセージにはこう記されていた。


__


Ryoさんがあなたにポムピーに招待しているよ!いますぐ下のリンクをタッチ!


__


「……」

底抜けに明るいタッチのメッセージに押され、リンクを踏もうとした沙耶は、その指を止めて暫し考え込んだ。

「これ……大丈夫なのかな……」

彼女はメッセージをじっと見つめた後、こう呟いた。

「まっ……いいか」

沙耶は一呼吸置いてからリンクを押した。


***


リンクを押してから、まず通されたのはアプリのDLページだった。ここでも彼女は迷わずDLボタンを押した。了くんが誘っているんだから、絶対大丈夫。彼女の脳裏にはそういう確信があった。DLが終わると、沙耶はすぐさまそれを開いた。すると、画面にメールアドレスを登録するフォームが現れた。アドレスを入力し、登録ボタンを押すと、すぐにメールが返ってきた。


***


メールに添付されていたリンクを押してまず現れたのは、白画面をバックにコロコロと左右に転がるピンク色の卵だった。それをタッチすると、卵がパカっと割れた。

「……っ!! 」

その中から現れたものを見て、沙耶は言葉を失った。

それは、丸っこいボールのような体に猫耳がついた得体のしれない生き物だった。ポムピーの幼体である。

「かっわいいーっ! 」

あまりの可愛さに彼女はふとんの中でコロコロ転げ回った。


***


しばらく転げ回った後、沙耶は我に返って起き上がってこう言った。

「あっ……そうだ……名前つけなきゃ」

彼女は設定メニューを開き、名前の項目を選択した。

「どうしようかな……」

そうブツブツ呟きながら一、二分ぐらい部屋の中を歩き回った後、閃いたように立ち止まった。

「ポム太郎……これよ! 」

沙耶は名前欄にポム太郎と入れた。名前をもらったポムピーは嬉しそうに笑った。


***


ザイオンの店頭で、剛はタブレットで何かを見ていた。

「ほう……」

コーヒーを啜りながらそう呟いていると、後ろから悠真が話しかけてきた。

「何見てるんですか? 」

剛はゆっくり振り向くとこう言った。

「サイバーセキュリティ専門のニュースサイトだよ。 」

悠真は叔父の右肩越しにタブレットの画面を見た。それには、<スパイウェアの罠>という見出しがあった。

「スパイウェア……ですか……」

彼がそう呟くと、剛はマグカップを机に置いてこう言った。

「最近のスパイウェアは、今までのものよりもかなり高性能らしい……この記事によると、ゲームアプリだとかに偽装してるものがあるそうだ……」

「ふーん……」

悠真はそう返事をしつつ、タブレットの画面を見つめていた


(続く)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます