About lovely rabbits

作者 nns

捩じれて、拗れて、狂って。殺意と執着と純情が入り混じる監獄百合

  • ★★★ Excellent!!!

脱走を試みた囚人のみが送られる特殊な刑務所、荒くれ者や狂人ばかりでありながらも(他と比べて比較的、ではありますが)平穏を保っていた監獄島に新人がやってきた。そこからこの話は始まります。
それは水面を揺らす小さな波紋から、全てを呑み込む津波のように。彼女の行動から、ある意味で保たれていた監獄の平穏は崩され、狂ってゆくのです。
物語が進むにつれ登場人物の過去や隠している本性が明かされてゆき、最初にあった関係性も壊れ、拗れ、変わってゆきます。そして少しずつ、刑務所という閉ざされた社会の中での勢力図も変わり、動いてゆく。
変わってゆく環境の中、前に進もうとする者もいれば無自覚に狂ってゆく者もいる。彼女達が最終的にどうなるのか、目が離せないです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

紹介文の「殺伐や殴り合いって、百合なんだよなぁ……」に深く頷いた私としては読むしかないお話でした。
そして読んで実際大正解です。殺伐や殴り合いは百合。
「ちょっと歪んだ」と書きましたが、その歪み方は… 続きを読む

クロベさんの他のおすすめレビュー 35