第336話真言立川流とダキニ天、阿修羅の戦略

ソフィーは、真言立川流の文献調査に入った。

「観音力」で把握しようとも思ったけれど、まずは「自力」にてと思った。


その真言立川流は、中世の日本、現在の東京都立川市近郊で発生した密教の信仰に属するもの。

加持祈祷を中心とした「密教」の実践と、陰陽二元論を中心とした「陰陽道」の教えが合体。

さらに、インドやチベットなどから持ち込まれたタントラ、空海も関係する思考が、既存の山岳宗教の修験道とも合体したもの。


要約して言えば、「中世に発生した性的要素の強い 仏教の一派」という事になる。

そのため、その儀式や理論に性的な要素が強い。

その、真言立川流は、邪神とされるダキニ天を拝し、本来仏教では不邪淫戒で禁止されているはずの性交を奨励し、人間の髑髏を本尊とする。

そのため、「邪祠邪教」と評されている。


ダキニ天は、元はインドの女神。

元々は農業神であったけれど、後に性や愛欲を司る神とされ、さらには人肉、もしくは生きた人間の心臓を食らう夜叉神。


そこまでの文献を調べ、ソフィーはため息をつく。

「これは・・・かなり危ないなあ」

「少なくとも、光君のイメージとは、全く違う」

「男女の愛とか、髑髏とか、死体ってイメージは全くないもの」


そして、考えた。

「とにかく危ない術を使う術者が、光君に近づいている」

「コンサートに合わせて、その術を使う」

「裸の若い美女軍団を増殖させ、その美女軍団に接した男性から生殖機能を失わせる」

「その美女が、光君に接した場合・・・光君の生殖機能もなくなる」

「当然、阿修羅の後継者も生まれてこない」

「阿修羅は、それを危険しして、戦闘系の巫女を光君の警護として配置した」

「それが、キャサリン、サラ、春麗」

「そこを読むと、立川流の呪術者も、もしかすると戦闘力、格闘力を持っている可能性がある」


ソフィーの脳裏に、ひらめくものがあった。

「くのいち・・・ってあったなあ」

「女忍者で、房中術も使いこなす」

「今の時代でも・・・そういうのが・・・いるのかな」

「若くて美しい女ってのが気に入らない」


「それが、夜、光君のベッドにもぐりこむ?」

「そして、光君の身体を奪う?」


ソフィーは焦ってきた。

「マジで気に入らない」

「結界を強化しないとなあ」


そのソフィーの頭に、何故か、楓の声が響いて来た。


「ソフィー!だから、私の嫌いなものを探して、光君が苦労して春日山に入ったの」

「ねえ、わかるでしょ?」

「あれ!ブラジリアン柔術との戦いの時、天井にはりついていた気色の悪いもの」

「ソフィーの部屋にもいたでしょ?」


ソフィーは、「うっ」とうなった。

そして、すぐに理解した。


「あ!そうか!それで蜘蛛?」

「そい言えば、変な呪文が書いてあった」

「梵字かあ・・・ダキニ天はインド、だから梵字か」

「蜘蛛の巣を張って、結界を張るんだ」

「さすが、阿修羅だ」


そのソフィーに、楓がもう一言。

「女術者を探して!大至急!」

楓の声が、かなり緊張している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます