第312話光が唇をつけた場所

全身の力が抜けてしまった春奈を、光は抱きかかえた。

春奈は、泣き出してしまった。

「ごめんね、光君、とんでもないことしちゃった」

光は、答えない。

そのまま、春奈を抱き上げ、お姫様抱っこ。


春奈

「恥ずかしい、そんなの」

と言うけれど、泣きながら顔が赤くなる。

こんな年下の子に、しかも、さっきさんざん文句を言って組み敷いた光に「お姫様抱っこ」をされている、春奈は恥ずかしくて仕方がない。


光は、そんな春奈の声は無視。

そのまま、春奈をベッドまで運び、そっとおろした。


春奈は、ドキドキして仕方がない。

ベッドにまで運んでもらって、その上、光の顔が目の前にある。


「キス・・・してくれるのかな・・・」

「はぁ・・・どうしよう・・・」

「ついに?・・・」

「私で・・・いいのかな・・・」

さっきは、あれほど迫っておきながら、今は恥ずかしいとか、ためらいもある。


光がやさしい声をかけてきた。

「春奈さん、目を閉じてください」


春奈は、口が渇いてきた。

「やば・・・唇荒れてるかも・・・」

「光君との念願のファーストキス・・・」

「ついに・・・」

春奈は、心臓をバクバクとさせながら、目を閉じた。


「光君の顔が迫って来た」


目を閉じていても、皮膚感覚でわかる。

春奈は、身体の力が抜けてしまった。


「もう、したいようにして」

「光君にまかせる」

と、じっと光の唇を、自分の唇で待つ。


しかし、光の唇は、また別の場所だった。


「え?まぶた?」

「はぁ・・・」

「でも、気持ちがいい」

「右・・・左・・・」

「やさしいな、可愛いな、光君」

春奈は、うれしくて仕方がない。


その光の唇が、春奈から離れた。

また、光の声が聞こえてきた。


「春奈さん、おやすみ」

「変な心配しないでいい」

「一緒にいて欲しいの、嫌じゃなかったら」


光の唇が、再び春奈の左右のまぶたに軽く触れた。

「おやすみなさい」

光は、もう一度「おやすみ」を言って、自分の部屋に戻って行った。


春奈は、うれしいような複雑な気分。

「唇ではなく、まぶた」

「でも、気持ちがよかった」

「唇は・・・いつかなあ」

「追い出されないだけでも、よかった」


そして、思った。

「光君・・・いつかは、男女のことを知るのかなあ」

「そろそろ・・・かなあ」

「そうだよね、誰かなあ」

「・・・わたし?」


そこまで思い、春奈は、眠れなくなってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます