第311話後悔しきりの春奈は、光に抱きしめられて・・・

「はぁ・・・どうしよう・・・」

長く厳しい母との電話を終え、春奈は自分の部屋に戻った。

「やばいなあ・・・」

「光君・・・泣いてたもの」

「傷つけちゃったかなあ」

「リビングで、ピアノの前で、押し倒しちゃった」


とにかく、心がドキドキして、落ちつかない。

「一番年長で・・・嫉妬にかられて、襲おうとしたなんて・・・」

「それも、一番やってはいけない場所で」

「・・・泣かせちゃった・・・」

「いじめて、泣かせちゃった」

「心の傷になったら、どうしよう・・・」


春奈は涙も出ない。

怖くなってきた。

「もう、春奈さん、嫌い・・・とか・・・」

「出ていってとか・・・」

「他にも巫女さんがいるからいいよとか」


春奈のマイナス思考は、どんどん加速する。

「学園休むかなあ・・・風邪とか言って」

「でも、保健教師が健康管理できないって、それも文句言われるし」


春奈は、また気がついた。

巫女たちを、次に警戒する。


「ソフィーとか、他の巫女たちが、感じ取っていたら・・・」

「すごく文句が言われそう・・・何てことしたの?とか」

「私が変わりますとか、ルシェールが言いそう」

「由香利さんは、呆れて、はぁ?先生が生徒を襲ったの?とか」

「由紀さんだって、泣いて怒る、春奈先生、やはり信頼できないって」

「華奈ちゃんは、だから任せられないって、大騒ぎ」

「キャサリン、サラ、春麗は、武闘派巫女だから、無理やり光君を奪い取って、そこで戦闘になるかも・・・内部抗争?あーーーまずい・・・」


春奈が、そんなグルグルとマイナス思考に陥っていると、コンコンとノックの音がする。


「はい・・・」

光だったら、全く合わせる顔がない。

他の巫女も同じ、春奈は怖くて、身体も声も震える。


「光です」

春奈にとって、「どうしよう・・・」という相手の声が聞こえてきた。


春奈

「うん・・・」

春奈は、目を閉じて、恐る恐るドアを開けた。


「入ってもいいですか?」

光のやさしい声が聞こえてきた。


「うん」

春奈は、拒めない。

というか、光の本意が読めない。

もし、「さようなら」の本意なら・・・不安で身体も固くなる。


「春奈さん」

光のやさしい声が、また聞こえた。


「なあに?」

春奈が言葉を返した瞬間だった。


「あっ!」


春奈の身体全体に、電流が走った。

光が春奈を、ふんわりと抱きしめている。


光は、春奈の耳元で、ささやいた。

「春奈さん、ごめんなさい」

「さっきはびっくりして・・・」

その光の唇が、春奈の耳たぶに、触れた。


「うっ・・・はぁ・・・」

春奈は、全身の力が抜けてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます