第297話料理を作りたくなった巫女たち

巫女全員が甲板に集合すると、江戸の大親分が演説をはじめた。


「光様、いや、実は阿修羅様」

「それから、ここにおられる全ての高貴な御神霊の皆々様」

「このたびは、我が江戸の街をお救いいただき、誠に感謝しております」

「つきましては、ここに感謝の意といたしまして、出来うる限りの宴を開催させていただきます」

「是非、ごゆるりと、この宴をお楽しみください」


江戸の大親分の、その演説が終わると同時に、目を見張るような新鮮な魚介料理が大量に甲板に並べられる。


マグロ、サーモン、海老、蟹、アナゴ、雲丹、ホタテ、タコ、イカ、ヒラメ、ブリ、カンパチ、サワラ・・・


刺身やお造りは当然、握り寿司、チラシ寿司となってみたり、鍋に入れられたりもしている。


華奈は、この時点で大興奮。

「へえ!こんなに美味しいの?いくらでも食べられる」

全ての魚料理を凄まじい勢いで、食べている。


春奈も、食が進む。

「こんなの見たら、ダイエットなんて言ってられない」

「うーーん・・・雲丹が美味しい!丼で食べたい」


ルシェールは鍋にご執心。

「この出汁が絶品、これを地中海風の煮込みにしたら美味しいだろうなあ」


由香利が、ルシェールの言葉に即反応。

「ルシェール、準備してあるよ、一緒にやりましょう!」

ルシェールも、にっこり、一緒に大鍋で地中海風魚介煮込みを作り始めると、やはりアルテミス女神の巫女サラも黙ってはいない。

「私も混ぜて!その後、パエリャを作ろうよ」

話は、パエリャづくりにまで進んでいる。


さて、春麗はまた違う。

「和風や地中海風に対抗しようよ」

と、媽祖女神の巫女、周美鈴を誘う。

周美鈴は、少し考えた。

「そうなると、フカヒレ、アワビの醤油煮込み、エビチリかなあ」

「中華では、あまり生では食べないから」


そんな巫女たちの様子を見て、江戸の大親分は苦笑。

「できれば、巫女さんたちには、ごゆるりと食べたり飲んだりをしていただきたいのですが」


ソフィーが、それに答えた。

「かなり料理好きなんです、みんな」

「だから、これほどの、新鮮な素晴らしい魚介類を見てしまうと、ムズムズしてしまうんです」


由紀も、途中までは食べていたけれど、他の巫女たちが料理を始めているのを見て、自分も何かを作りたくなったようだ。

「相模風、魚介類の炊き込みご飯」

「トコブシも入れて・・・」

と、素材を選んでいると、華奈と春奈が由紀の前に。


春奈

「手伝うよ、炊き込みご飯美味しいし」

華奈

「私も頑張る」

結局、昨年からの同じ学園の教師と生徒、協力は、スンナリと決まるらしい。



さて、光は、途中から、現代人の服を着こんだ八部衆や関羽将軍、ポセイドン、江戸の大親分たちと、話しこんでいる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます