第287話温泉の呪法にて仕上げ(1)

さて、他の巫女から、とかく不安視されている佃住吉神社の本殿の鏡は、ようやく、その輝きは平常のものとなった。

そして由香利も、その唇を光の唇から離した。


由香利の顔が赤い。

「光君、一応、終わったよ」

光も、顔が赤い。

「はい、由香利さん、あの・・・」

自分でも何を言っていいのか、わからない様子。


由香利はそんな光が面白い。

「光君を食べちゃったみたい、美味しかった」

「舌を動かすたびに、硬直するから」

「呪法だもの、離しはしないよ、光君を制圧したって感じ」


光は、そんなことを言われて、また硬直。

「・・・あの・・・呪法ですよね・・・さっきのは・・・」


由香利は、フフンと笑う。

「えへへ、呪法は当然、外の悪霊は完全制圧したもの」

「呪法以外には・・・何かあるかな?光君」


光はまたしても答えられない。

「えーっと・・・」

硬直も変わらない。


由香利は、そんな光に、またフフンと笑う。

「それでね、光君、最初に言ったけれど、私たちはもう一度、水に関係する呪法をしなければならないの、それが仕上げになる」

「でも、寒い時期だから、お互い風邪を引いてはならない」

「それでね・・・」

由香利は光の腕をグイッと組んだ。

そして、また硬直する光の耳元で、ささやいた。

「一緒に、お風呂に入らなければならないの」


光は、ブルブルと震えてしまって声も出ない。


由香利は、ますます腕の力を強くする。

「すでに準備OK」

そして由香利の目が輝いた。

「光君!飛ぶよ!」

その言葉と同時に、由香利と光の身体は、佃住吉神社の本殿から、消え去ってしまった。



「うん?・・・湯煙?」

「ここ・・・どこ?」

光の目の前には、ものすごい煙。

それも湯煙。

「お湯につかっている?」

「濁り湯かなあ、いい温泉って感じ」

光が、ブツブツとつぶやいていると、


「光君、温泉の呪法で仕上げだよ」

由香利の声が聞こえてきた。


光は、由香利に答えた。

「え?由香利さん、これが仕上げ?」


由香利の声が近づいて来た。

「そうだよ、これで完璧と、それ以上の効果」


「それ以外の効果って?」

光が、その疑問を発した時だった。

光の前の湯煙が薄くなった。


「わ!」

光は、両手で、その顔を覆った。


何しろ、全裸の由香利が、目の前に立っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます