第284話更なる異変発生 地蔵、ポセイドンの出現

東京湾、隅田川周辺に、更なる異変と混乱が発生した。

古い軍歌がどこからともなく、響いて来た。

これは、道を歩く人たち、そしてオフィス内にいる人、JRや地下鉄にいる人にも、聞こえている。


「え?何で?突然?」

「軍歌が突然、ギャンギャン流れるって、どういうこと?」

「電車のアナウンスも全く聞こえない」


また、突然の火事や目に見える情景から混乱が始まった。


「ねえ・・・外が火事?どこ?」

「うわ!煙がすごい!


「空が赤く光って!」

「えーーーー?爆弾?」


「サイレン鳴ってる!」

「敵機来襲?非難せよ?」

「防空壕?何?それ!」


「電車の窓を見て!」

「鬼畜米英?頭が半分ない人が、私を見て怒ってる!」

「私が何をしたっていうの?あなた誰?何で怒っているの?」

「血だらけ?火傷?そんな人が何故動いているの?」


「・・・あーーー!どうしたらいいの?」

「怖いよーーーー!」


東京湾、隅田川周辺の混乱は、拡大の一途となっている。


その混乱の中、突然、また異変が発生した。

天空から、そして地面から、清らかな鈴の音が響き渡った。


そして、東京湾の海面に、巨大な異形が二体、出現となった。

その一体は、おなじみの地蔵菩薩。

いつもの衣装に、いつもの宝珠と錫杖、異なるのは傘をつけていること。


そして、もう一体は、金剛力士と全く遜色がないほどの隆々とした肉体、右手には三叉の鉾、左手には魚網を持っている。


地蔵菩薩が、そのもう一体に声をかけた。

「さて、ポセイドン君、はるばる、ご苦労様」

「さきほどの霊鈴で、結界は完成した」

「あとは、思いっきり暴れてかまわない」


地蔵が連れてきたのは、海神ポセイドンだった。

「地蔵様、これは懐かしい日本の地」

「その麗しい日本を汚そう、荒そうとする悪神ベルゼブブ」

「しかも、日本を滅ぼしてから、世界に毒をまき散らそうとなどとの、不逞な輩」

「そんな痴れ者のタクラミはポセイドンとしても、見逃すことはできない」

「そのうえ、住吉様に加えて、媽祖様までお出ましになられている」


地蔵はそのポセイドンに、フッと笑う。

「あの阿修羅に、力をみせつけたらどうです?」

「今、阿修羅は、抑えつけてあります」


ポセイドンも、目を光らせて阿修羅の様子を探る。

そして、面白そうな、うれしそうな顔。

「ほほ・・・あの男の子ですか・・・」

「少し無理やりに、襲われていますな」

「確かに美しい住吉と・・・伊勢の巫女なんですね」

「そうなると、抑えつけられている間に?」


地蔵は、さらにポセイドンをけしかける。

「あなたのことを、海坊主なんて言っていました」

「この私も坊主ですが、金剛力士二体なんて、ゴツイおっさんとかね」


ポセイドンの顔が真赤になった。

「気に入らん!そこまで言うか!」

「地蔵様、戦闘開始しましょう!さっさと片付けて、阿修羅に猛抗議します!」

ポセイドンは、三叉の鉾を振り回し始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます