第259話vs横浜有名私立校暴行集団(6)

さて、ソフィーに動画を送られた弁護士協会の中は、困惑に包まれるばかり。

「横浜有名私立校暴行集団」のリーダーの父も、呼び出され、追求されている。


「まずいじゃないですか?これ・・・どう抗弁します?」

「どう見ても、襲い掛かったのは、あなたのお子様に指導された仲間じゃないですか」

「お子様の声もしっかり録音されていますし」

「その上、ハンティングナイフとピストルって・・・お子様が持っておられますが、誰から渡されたのですか?」

「少なくとも、事前に持っていたようですが・・・」

「こういう、ホームレスを襲う行為は、前から?」

「お宅のお子様の集団は、集団で人を襲うんですか?それも高校の制服を着て?」

「どうやって無罪に持ち込みます?」


「横浜有名私立校暴行集団」のリーダーの父は、何も答えられなかった。

そして、弁護士協会からの脱退を求められてしまった。



さて、光とソフィー、キャサリン、サラに手錠を持って迫った地域警察官たちは、警察監察官と、地域警察署長の指示で、しかるべき処分の場所に向かわされてしまった。


警察監察官と、地域警察署長は、光たちに深く頭を下げた、

「いつもいつも、申し訳ありません」


ただ、光は、表情を変えない。

「しかたないよ、僕が困っている人を救いたかっただけ」

「というか、あなたたちって、全く期待できない」

「いつも、困っている人よりは、自分たちの都合だけで動く、そういう組織」


うなだれてしまった警察監察官と警察署長に、光がもう一言。

「これについては、首相にも、しっかりと申し上げておきます」

「うん、ここの場所も明確にして」

そして、光は、ホームレスの老人を助け起こし、再び山下公園に走り出してしまった。


その光にはソフィーをはじめとして、他の巫女も一斉に続く。

ソフィーは光に声をかけた。

「ねえ、光君、言葉きつ過ぎ、私だって関係者だよ」

春奈も、光は言い過ぎと思ったようだ。

「光君、機嫌が悪いの?珍しく厳しいんだけど」


光は、至極冷静に答える。

「たまにはキツイ事を言わないといけない、そうでないと、同じようなことが繰り返す」

「法の下の平等だもの、くだらない身分とか社会的立場を尊重されても困る」


由香利もその会話に入って来た。

「私も、光君が正しいと思うの、そうでもしないと、また繰り返す」

由紀も、同じく。

「喉元過ぎれば何とやらだと困る」


ただ、巫女たちの中には、全く異質の発想をするものがいる。

楓は、落ちついた顔。

「光君がまたトラブルを起こしそうになったけれど、何とかすんだ」

「これで、春麗の美味しい朝ごはんが食べられる」


華奈は、呆れた。

「昨日、あれほど食べて、もう朝ごはん?」


ルシェールは、少し考えている。

「光君は、少し阿修羅の技を使っただけ、戦闘はキャサリンとサラまかせだった」

「そうなると、どこまで回復しているのか、わからない」


キャサリンがそんなソフィーに答えた。

「いや、後ろの方から光君の念が動いてきて、その通りに身体を動かしていました」

サラからも答えがあった。

「ほんと、光君に念の通りに身体を動かしたら、相手が宙に舞うんです、面白かった」


ただ、光はそんな会話には構わず、走るスピードをあげている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます