第258話vs横浜有名私立校暴行集団(5)

まず、ソフィーの目と言葉が厳しく変化した。

そして、ソフィーに手錠をかけようとした警察官に逆質問。

「ふーん・・・逮捕って罪状は何なの?」

「あのお坊ちゃんに指図されたから、私たちを逮捕するの?」

「少なくとも、周りで見ていた人、たくさんいるけれどさ、全く聞き取りも何もないの?」

「それが、この横浜の警察の捜査の仕方なの?」


しかし、ソフィーに手錠をかけようとした警察官は、引く様子もない。

「いや、最初は事情聴取で連行しようと思ったけれど、気が変わった」

「面倒だ、公務執行妨害とする」

「まず、お前の身分証明となるものを見せろ!」

「おい!さっさと見せろ!」

周囲全体に聞こえるような大声でソフィーを威嚇する。


ソフィーは、本当に呆れた。

そして、低い声。

「まあ、仕方がないねえ・・・」

「あんたたちは・・・」

「今のあんたの言葉も、年長の警察官のお坊ちゃんとの会話、それから騒動が始まってから全ての動き」

「全て・・・警察庁、神奈川県警、そして官邸、弁護士協会とマスコミも送付済みなの」


ソフィーに手錠をかけようとした警察官は、その言葉に動揺。

しかし、ますます激高。

「いいから!身分証明を見せろ!」

「動画だことの、警察庁だことの、官邸だことの、くだらん戯れ言なんぞ、どうでもいい!」

まさにソフィーの胸倉につかみかかる寸前の状態。


ソフィーは、そこで笑ってしまった。

「まあ、いいさ、どうなっても知らないよ」

「私も鎌倉の生まれだからさ、神奈川県警の不祥事は明らかにしたくなかったんだけど・・・そこまでアホなら、どうでもいい」


ソフィーは、その胸ポケットから、「内閣特別調査官」の名刺と身分証を取り出した。

「ほら!これでわかる?」


ソフィーに手錠をかけようとした警察官は、それでガクンと腰が抜けた。

「・・・ソフィー様でしたか・・・すると・・・あの男子高校生は・・・光様?」

腰が抜けて、座り込んでしまった。

その警察官の状態が異常に見えたのか、他の警察官たちも寄って来た。


ソフィーは、その警察官たちにも、身分証を呈示。

そしてたたみかける。

「私は、ソフィー、わかるよね」

「それから、あの男の子は光君」

「それとね、彼女たちはキャサリンとサラ」

「私たちもそうだけれど、彼女たちにも手を出したら、すごい大きな国際問題になるよ、わかる?」

「・・・って、動画送っちゃったけれど・・・」

「困るよねえ・・・あんたたち・・・」


ソフィーの言葉に、警察官たちが震えあがっていると、もう一台の警察車両が到着した。

そして、降りて、走って来たのは、警察監察官とソフィー達を逮捕しようとした警察署のトップらしい。

それと、普通のスーツ、それでも、上質なスーツに身を包んだ紳士も走って来る。


警察監察官は、ソフィーの前で身体を震わせている警察官たちを一喝。

「この馬鹿者!」

「何がお坊ちゃまたちに逆らうなだと?」

「弱気をくじき、悪者の見方をするのが警察なのか!」


そして、おそらく管区の警察署のトップは、悲痛な顔。

「ああ!俺も処分されるが、お前たちにも厳重な処分だ!この馬鹿者!」


上質なスーツに身を包んだ紳士は、男子高校生たちに声をかけた。

「君達は、校則違反で全員退学、君達の御父兄も納得されている」

「これほどの、ひどいことをしていれば、しかたないだろう」

「横浜有名私立校の男子」たちは、ますます立ち上がれなくなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます