第254話vs横浜有名私立校暴行集団(1)

「オイ!そこのガキ!邪魔だ、どけ!」

「テメエ、よそ者だろう!手出しするんじゃねえ!」

「早くどけ!どかねえとお前だって、タダじゃおかねえぞ!」

「ほらーーー!モタモタするんじゃねえ!」

光と、その横たわった老人を取り囲んだ若者たちは、総勢10人を超える。

年齢はおそらく10代後半がほとんど。

着ている服は案外上質な感じ、横浜市内の有名私立校の制服のようだ。


光の、ハンナリとした声が聞こえてきた。

「そんなこと言われてもね」

「どうして、こんなお年寄りを集団で?」

「この人があなたたちに何か悪い事をしたの?」

「少なくとも僕の目にはそう見えなかったけれど」

「そもそも一人を集団で襲うって何事?」

「それが男のすること?」

光がそこまで話したところで、まず高校生巫女集団が光の後に立った。


まず由紀が若者たちの制服から、すぐに高校を把握。

「え?あの有名私立校?」

由香利も、さすが都内育ち、反応が早い。

「かなり裕福な家庭のご子息でないと入れないはず、だから全員がお坊ちゃん」

華奈は、その若者たちの持っている物に注目。

「ねえ、金属バットと、ゴルフのアイアンとかみんな持ってる」

ルシェールは顔をしかめた。

「時々聞くよね、若者が集団で弱い老人とかホームレスを襲うって」

息がまだ荒い楓は、その若者たちを厳しく見る。

「そうかあ・・・それで光君、いきなり走り出したんだ」


春奈とソフィーも高校生巫女の後に立った。

春奈「ソフィー、どうする?」

ソフィー「取りあえず、様子を見る、録画もはじめた」

春奈「でも、あれ?キャサリンとサラがあっちから」

ソフィー「さすがだね、見抜いている」


さて、巫女たちがブツブツと話していると、再び「おそらく有名私立校の若者たち」が、再び光に迫った。


「何だと?テメーには関係ないだろ?」

「テメー、よそ者だろ?」

「おれたちはな、この公園の浄化をしているんだ!」

「いいか!この港の見える丘公園に、そんな汚らしいジジイなんて邪魔なんだ!」

「そんな年取って、住む家のないジジイなんて始末してあげているんだ」

「そのほうが、この街にとっても、そのジジイにもいいんだ」

「とにかく、そのジジイは目障りなんだ!」

「だから邪魔すんじゃねえ!」

他にもいろいろ騒いでいたけれど、ほぼ同じ内容なので、省略。


光は、またハンナリと口を開く。

「汚いとか、よそ者って関係あるの?」

「君たちのしていることは、集団暴行でしかないよ」

「それに目障りだったら、何にでも、そんなことをするの?」

「金属バットを持ったり、ゴルフのアイアンを持ったり」

「その実態は、単なる弱い者いじめでしょ?」

「もっと言うと、程度の低いうっぷん晴らしでしょ?」

「君たち、まるでガキだよ」

「君たちのほうが、横浜を汚すゴミ」

ハンナリとした言葉ながら、光の言葉は、ますます若者たちを刺激する。


そして、ついに若者たちには、我慢ができなかった。

そのリーダーだろうか、全員に指示を出す。


「いいや、面倒だ、あのガキもやっちまえ」

「どうせ、あのガキとホームレスのジジイだけだろ?」

「すぐに終わる、そしたら、財布を奪って本牧でも行くか」

そのリーダーの指示には、誰も文句を言わなかった。

というよりは、全員はうれしそうな顔。


リーダーは大声を出した。

「お前ら!やっちまえ!」

一斉に若者たちは、光とホームレスの老人に向かって、突進をはじめている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます