第251話特製滋養強壮スープは光のため?

白い霧が消え始め、最初に聞こえてきたのは光の声だった。

「あれ?ねえ、何かいい匂いがするんだけど」

「中華っぽいなあ」

いつもの、ハンナリ声が聞こえてくる。


華国祥の声も聞こえてきた。

「はい、仙界に飛ばれている間に準備をさせていただきました」

「確かに肉もありますが、滋養強壮を目的とした料理となります」


次に聞こえてきたのは、楓の声。

「ねえ!光君!このスープ美味しいって!」

「すっごく濃いんだけど、澄んでいるし、そのわりに飲み込むのが楽!」


圭子の声も聞こえてきた。

「楓!せめて、いただきますくらいは言うの!みんなの前で!お客様もいるんだよ!」

圭子は、楓を叱っているらしい。


次には華奈の声。

「うわーーー!すっごい大きな瓶が部屋の真ん中にある」

「でも、そこから、いい匂いがするの!」

「何かのスープなの?」


美紀も華奈の声に反応。

「華奈、うるさい!きっとあれは、中華の最高クラスのスープ」

「前に中国に研究旅行した時に飲んだよ」

「ねえ、春麗、あれだよね」

美紀は、何故か春麗に声をかける。


春麗も美紀に答えた。

「はい、10年くらい前ですね、美紀先生が上海にいらした時に」

「フォーティァオチャン、修行中の仏教僧が寺の塀を飛び越えて食べに来るというスープ」

「かつて日本の人気漫画でも取り上げられたこともありますね」

「簡単に言えば、中華の様々な乾物の煮込みスープ」


周美鈴の声も聞こえてきた。

「はい、今回は光君と皆さまの健康のためといたしまして」

「ナマコ、里芋、栗、タケノコ、キクラゲ、白菜」

「豚足、豚ばら肉、干しシイタケ、鶏もも肉、干しアワビ、フカヒレ」

「それを、五香粉、醤油、サツマイモ澱粉、紹興酒、オイスターソース」

「後は、塩と胡椒と氷砂糖くらいで、煮込むだけになります」

その説明だけでは、それほどの手間暇はかからないけれど、口にした巫女たちからは感嘆の声が続く。


美智子

「まあ、医食同源って言うけれど、まさにその通り、身体に素直に沁みて来る」

ニケ

「このスープだけは、太刀打ちできないなあ、絶妙の味」

ナタリー

「あれだけの素材を使って、全く濁りの無いスープってねえ・・・技術が高い」

春奈

「うん、これでまた若返る、光君に若さを見せつける」

ソフィー

「その発想って、華奈ちゃんと同じ、感化されたの?」

春奈とソフィーの攻防戦が続いているけれど、由香利、ルシェール、由紀、楓、華奈は、とにかく美味しいのか、全く声を出せない、ただ出されたスープを飲むばかりの状態。


また、光も、美味しいらしい。

全く素直に飲み干している。

しかし、途中から眠そうな顔。

そして、全部飲み終えた時点で、再び眠ってしまった。


その光の状態を見た華国祥がにっこり。

「光君には、特別の薬効があると思います」

「おそらく朝までは起きませんが、起きれば元気ハツラツです」

「そうなれば、阿修羅様から戻った時にも、それほど体力が落ちません」

華国祥は、そこまで言って、春麗と周美鈴の顔を見た。

「何しろ仙界からの薬を練り込んであるのですから」


その言葉で、春麗と周美鈴は、顔を赤らめている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます