第243話中華街からの訪問者

さて、一種異様な雰囲気に包まれていたホテルのドアがノックされた。

すると、ソフィーと春麗が弾かれたかのように、立ち上がってドアに向かう。


圭子の表情が真顔そのものになる。

「おいでなさったかな、かの将軍様と・・・これもすごいお方」

圭子につられて、母親世代の巫女の表情も、厳しくなった。

ニケ「そうだねえ、すごいことになるのかな」

ナタリー「何を言ってくるのかな、楽しみ」

美紀「かの将軍様の御霊と、もう一体は・・・面白そう」

美智子は、光と奈津美の様子を見た。

「光君と奈津美さんも気づいたみたい、メモをやめた・・・というか終ったのかな」


また候補者世代巫女も、緊張顔。

春奈

「なんか、あのドアを通して、ものすごい霊気が入って来るんだけど」

由香利

「とにかく強くて、古くて・・・あと、メチャ可愛い霊気を感じる」

由紀

「また、光君いや、阿修羅が引き込んだのかなあ、そんな感じ」

華奈

「私、ガタガタしてきた、光さんにピタリしたいけれど、うーん・・・強敵多すぎだなあ・・・」

キャサリンは異様に目を光らせる。

「一度御手合わせをしたくなるほど、強い御神霊・・・それとあの娘も強い」

サラの髪が少し逆立ち始めた。

「うーん・・・アルテミス様が反応している、それも強い反応だ・・・珍しく強いなあ」



ドアは、ソフィーと春麗により、ゆっくりと開かれた。

ドッシリとした立派な背広に身を包んだ壮年の中国人男性と、真紅のチャイナドレスに身を包んだ、かなり若く美しい少女がゆっくりと入って来る。


ソフィーがいつもにも増して、緊張した口調。

「横浜中華街から、先ほどの騒乱を鎮めていただいたということで」

「その代表のお方が二名、お越しになられております」


春麗も緊張した口調

「すでに、皆様ご察しの通りでございます」

「こちらの男性の方は、人間の名前としては華国祥様、ここ中華街の守り神、関羽将軍の御霊を注がれたお方」

「また、こちらの女性は人間名は周美鈴様、天上聖母の媽祖様の御霊を注がれたお方」


その紹介により、壮年の男性は左手を右手の上に置き、女性は右手を左手の上においてお辞儀をする。

いわゆる中国風の礼、「揖礼」を行う。



さて、この緊張感には、光も対応しなければならないと思ったようだ。

いつものハンナリ顔ながら、挨拶をはじめる。

「あ・・・わざわざ、こんなところまで、ありがとうございます」

「僕は、光と申します、それから周囲の女性たちは、えっと・・・」

少し人数も多いので、もたつく。


しかし、その光が巫女たちの紹介を始める前に、「華国祥」が満面の笑顔。

その手をヒラヒラとさせ、

華国祥

「いえいえ、全て春麗から聞いております」

「光様は、まだお疲れから回復なされておりません」

そこまで言って、また頭を下げた。

「まずは、当中華街の危機を救っていただいたこと、深くお礼を申さねばなりません」


周美鈴も、また頭を下げた。

「本当に目を見張るようなお働き、視肉と太歳の退治に加えて、あの邪悪な白蛇精まで巧妙な対応で」

そこまで言って、うっとりと光を見つめている。


光は、お礼を言われて顔が赤い。

そして、珍しくカチンコチンの状態になってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます