第242話また責められる華奈、作戦には光の父?

どうにもならない状態で、光と奈津美を見ていた春奈には思い出したことがあった。

「そういえばね、光君が三年生になった始業式の頃かなあ」

「電車の中かな、とにかく通学中にすっごくボンヤリしてさ」


その話に華奈が反応する。

「そうそう、いつも呆れるくらいボンヤリしてるけれど、マジでボンヤリしてた」

ただ、春奈と華奈の話では、さっぱりわからない。


楓が、やはり切れた。

「もーーー!そこの二人!教師と生徒!しっかりわかるように説明しなさい!」


しかし、春奈は冷静。

「うん、そこでね、光君が変なことを言ったの」

「突然、阿修羅の声が頭の中に響いたんだって」


阿修羅の名前で、楓は大人しくなる。

それでも、その続きが聞きたくて仕方がない。

「で、どうなの?何だったの?」

ついつい詰問調になる。


春奈は言葉を続けた。

「でね、その後で光君が言うのに、不思議な公式とか化学式の洪水みたいなのなんだって」

「何となくわかるけれど、難しいものだとか言っていた」


華奈も思い出して言葉を続けた。

「ほーんと、難しかったらしいの・・・ねえ、光さんも可哀そうに」

「もともと大ボンヤリの光さんなのにねえ・・・」

「あろうことかね、三年生になってもね、それを忘れちゃうほどボンヤリ」

「そのまま、今までの二年生の教室に入ってしまってねえ・・・」

「もうね、妻として恥ずかしいのなんのって」

華奈も懸命に思い出して言葉を続けるけれど、最後の「妻」表現が、問題があるようだ。


由香利

「そんなことをさせないのが、優秀な妻なのでは?」

ルシェール

「華奈ちゃんは、隣を歩きながらどうして管理できないの?」

由紀

「私もあの時は自宅から登校したの、そしたら、そんな話を聞いてね、マジで焦った、華奈ちゃんには任せられないと思った」


ただ、一緒に登校した春奈もソフィーも、華奈には助け船を出さない。

春奈

「まあ、そんなものさ、まだまだ小娘」

ソフィー

「いいや、責められても華奈ちゃんは、めげないから」


確かに華奈は、何もめげない。

少しムクれただけ、「いいの、光さんは最後に私を娶るの」それだけをつぶやいている。


さて、キャサリン、サラ、春麗と母親世代巫女には、どうでもいい話のようで、全く反応がない。

それよりも、光と奈津美の状況を見続けている。



その光がペンを動かす手を止めた。

光はにっこり。

「ねえ、奈津美叔母さん、こんな感じ?」

奈津美も、フフッと笑う。

「ああ、そうするのか・・・ここでねえ・・・」

「さすが阿修羅君だよ、こんなの誰もわからないって」

奈津美

「まさかの作戦だよね、これは面白い」

「そうなると、超高速計算ができるPCがいるかなあ」

奈津美

「史パパにお願いしたら?菜穂子姉さんもそれを言っていたよ」

「うん、話してみる、そういうの好きだから」


光と奈津美は、二人にしかわからない話を続けている。

ただ、その中で光の父の名前が出たことで、巫女たちの顔が少々落ち着きが戻っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます