第239話圭子の分析、叔母奈津美と光の聞き取れない会話

そのような一種不穏をはらんだ状況の中、圭子が冷静に全ての巫女に話し出した。

「あのね、全て優秀な巫女さんたちなので、ある程度は読んでいると思うけれど」


その圭子の言葉に全ての巫女が集中する。


圭子は、話を続けた。

「ここにいる巫女さんたちは、全て光君の前世と関係しているの」

「つまり、前世で妻であるとか、母であるとか、娘であるとかね」

「キャサリンもサラも春麗も、実はそうなの」

「私は前世も来世も結果が読める巫女だから、よくわかる」


「そして、みんながわかっている通り、春奈ちゃんは光君の過去世で、一番妻だった回数が多く、時期が長かったの」

「だから、普通に一緒になってしまうの」

「引きあってしまうというか、喧嘩をしていてもね」


春奈は、下を向いた。

少し前に、他の巫女に取り囲まれる光に、つい嫉妬してしまったことを思いだした。

その後、光に文句を言い過ぎて、光が胃を痛め苦しませ、天使長ミカエルの仲介で、ようやく仲直りをしたけれど、今でもそれを反省している。


圭子は、そんな春奈を少し見て、話を続けた。

「難しいのは、今の時代の光君はご存知の通り、体力に不安があること」

「それと、哀しい思いが消えないこと、それは・・・わかるよね」


巫女全員が、それは、「光と、その母菜穂子の事件」とわかっている。


圭子の顔が厳しい。

「光君が、菜穂子さんとのことを乗り越えるには」


後ろ向きで、圭子の話を聞いていた光も、振り返った。


圭子は、真顔で光の顔を見る。

「いい?光君、伴侶を見つけて、そして子供」

「子供を抱けば、わかるよ、乗り越えられる」


その圭子の言葉に、候補者世代巫女の顔は真っ赤。

じっと、光を見る。


光は、頭を抱えた。

「そう・・・言われても・・・」

何とも、返事ができない・


今度は奈津美が声をかけた。

「ねえ、光君、菜穂子姉さんも、心配していたけれど」

その奈津美の目の色が濃い。

特別な神霊が降りたような感じ。

光はもちろん、巫女全員が緊張した。


奈津美は、再び光に声をかけた。

「ちょっといい?光君」

光を手招きをする。


奈津美は、光の耳元で小声。

「あの東大寺の四月堂の時にね、菜穂子姉さんがね、私に」

光は、姿勢を正した。

「え?あの浄土で、母さんに?」

奈津美

「うん・・・でね・・・」

・・・・・・・


奈津美と光の会話は、全く他の巫女には聞こえない。


圭子が、あきらめたような一言。

「さすが、菜穂子さんと奈津美ちゃんの神霊結界術」

「出雲の秘術かな」


奈津美と光の「聞き取れない会話」は、しばらく続いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます