第186話不思議な大きな蜘蛛と光の不在

母親世代巫女と、「光のお嫁さん候補者巫女」たちの対策会議は、午後9時に終了し、それぞれが部屋に戻った。

華奈は、「スキあらば」と、光との同室を画策したけれど、周囲には能力の高い巫女ばかり、結局、スゴスゴと自分の部屋に戻るしかなかった。


ただ、夜は全員がスンナリと眠った。

特に都内から来た巫女たちは、伊勢神宮外宮、内宮での不思議な体験と、東大寺での浄土等の体験もあり、実は疲れていた。

それと、次の日には様々な見学参拝などが予定されている上に、光が「春日野で蜘蛛とか他のこと」まで言い出したので、眠って体力と気力を回復する必要があった。


さて、そんな夜を過ごした一行は、朝を迎えた。

そして、光を待つ、「候補者巫女」たちが光の部屋の前で集結しているけれど、主役の光の部屋のドアが開かない。


まず、巫女たちの中で、楓が文句を言い始めた。

「もーーー!ほんと、朝はダメだなあ!」

「寝坊助で、全く成長がない」

「杉並の家でも、きっとそうでしょ?」

「まったくねえ・・・春奈さんが甘やかすからこうなるの」

「華奈ちゃんだって、二階に駆け上って大騒ぎするだけでしょ?」

「ほんと、全く役に立たない」

楓は、文句を言い出すとキリがない。

ただ、本音としては、「散歩より、朝ごはん」らしい。

最後には「ああ、お腹減った」という、「直接的な」文句になっている。


さて、楓に「いつもながらの文句」を言われてしまった華奈は、途中からあることに気がついた。


「何か、ドアにすき間がある」

「・・・って・・・鍵をしていない?」

「マジ?そこまでアホ?」

と思って、ドアを軽く押す。


華奈の「気づき」は、当たっていた。

「光さん、鍵かけてない・・・」

光の部屋のドアは、スンナリと開いてしまった。


楓がそこで、ズンと部屋に入る。

「私は従妹、立場が違う」

「もし寝ぼけていたら、引っぱたく!」

と言い張り、他の巫女をけん制して入っていく。


他の巫女たちは、それでも部屋に入ることは、ためらった。

やはり、うら若き巫女たち、万が一、光が着替え中となると、恥ずかしいらしい。


ただ、聞こえてきたのは

「あれーー?光君、どこ?」

そこまでは良かった。

次に聞こえてきたのは、

「きゃーーーー!ダメーーーー!」

「助けてーーーー!」

楓の先ほどまでの威勢とは全く異なる悲鳴。


キャサリンの血相が変わった。

「入ります!」

サラも、グイと華奈を押しのけて部屋に入る。

春麗も、負けてはいない。

「何があったの!」

飛び跳ねるかのように、サラに続く。


ついつい遅れてしまう由香利と由紀も「それなら仕方がない」と、光の部屋に入った。

そして、震えて座り込んでしまった楓の前を見ると

由香利

「すごい・・・何?この蜘蛛」

由紀

「大きくて・・・え?背中に不思議な呪文、しかも梵字?」

しかし、それ以上に不思議なことは、光が部屋の中に見えないことである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます