第160話神様の食事VSお弁当?

少々の混乱の中、「豊受大御神様の前でのお食事」が終わった。

というよりは、正気である由香利と美紀の呪文により、外宮正殿前に全員が戻されたような感じ。


まずキャサリンが感想を述べた。

「古い日本の食事のようで、現在とは全く献立が違うけれど、素朴で滋養豊富な食事でした」

とても、満足している様子。


サラも、いろいろと思い出している。

「あまり調味料も油も使っていない、それでいて、味が濃い」

「身体の中まで、浄化された上に、力を与えられる感じ」

「古代ギリシャ料理にも通じるものがあります」

やはりサラも満足気になっている。


春麗は、腕を組んで考えている。

「どうもね、あの神前の祭壇の作り方とか、料理の手法とか」

「わが中国の神仙思想に、何か関係がありそうな気がする」

「それに、中国の道教と日本の陰陽道って、よく似ているし」

春麗は、神前での食事を終えて、極東アジアの宗教史にまで考えを及ばせ始めた。


さて、外国人巫女たちが、真面目なことを考えるなか、光はどうも表情がすぐれない。

そして、ブツブツと言い始めた。

「豊受大御神様のお食事メニューってのもわかるけどさ・・・」

「何か、食べた気がしない」


そのブツブツが気になった由香利が、光に声をかけた。

「あのさ、光君、それは失礼極まりない」

「その意味、わかっているよね」

由香利は、マジで怒っている。


光は、それでうろたえた。

「え・・・あ・・・そういう意味じゃなくて・・・」

と応えるけれど、実はほとんど、「そういう意味」である。

そして、光は由香利に、素直に「ごめんなさい」と頭を下げながら、

「でもさ、確かに、失礼とは思うけれど」

と由香利の顔をじっと見る。


由香利は、そこで顔を赤くするけれど、光の言わんとすることが全く読めない。


そこに、さっきから光と腕を組んでいる華奈が割って入った。

そして光と由香利の顔を見比べながら、解説する。

「つまりね、光さんとしてはね、確かに神聖な食事かもしれないけれど、神聖過ぎて食べた気がしないってこと」

「ありがたいけれど、ちょっと、違和感ってことだよね」


光は、華奈に頷き、由香利の顔をまた見て真顔。

「僕は、由香利さんのお弁当のほうが美味しかった」


その光の言葉は、由香利にとって、とんでもなくうれしい言葉だった。

「へえ?マジ?光君!やったー!最高!」

満面の笑顔、そして顔を真っ赤にして、華奈を光の腕から引きはがし、自分が光の腕を組んでしまった。


この状態に華奈はまた涙顔。

華奈の母、美紀は「華奈もウカツだ、豊受大御神様も大笑い」と、自分も大笑い。


ただ、このバトルには「どうでもいい、一時的なものだから、ほぼ無関係」の巫女はいろいろ考えている。


春奈

「光君は、案外お弁当が好きなのかもしれない」

ソフィー

「春奈さんが、光君と住むまでは、コンビニ食生活だったんだから、サンドイッチ以外にも、コンビニ弁当を食べたのかもしれない」

由紀

「私は、実は、お弁当が好きです、のり弁とか鮭弁当とか」

ルシェール

「そうなんです!私も日本のお弁当って大好きなんです!」


その話にキャサリン、サラ、春麗も興味深そうに寄って来ている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます