第138話アメリカ大使館付近の混乱と、阿修羅の考え

ソフィーが光の顔を見た。

そして、かなり深刻な表情。

「ねえ、光君、どうする?」

つまり、具体的な対処について、相談をかける。


ただ、光は、それほど深刻な表情にはならない。

いつものハンナリ声で、冷静に分析をする。

「このまま、僕たちが出て行っても、ますます混乱を招くだけ」

「かといって、警察とか機動隊が対処を間違えれば、混乱は避け得ない」

「そうなると・・・」

光は、ここで少し考え込む。


キャサリンも不安な様子。

「もし、ここで騒動とか、それが広まって大使館前で騒乱などに発展すれば、アメリカ本国も黙っていません」

「世論、議会、政府、大統領に至るまで、まず日本への不信感、日本政府の統治能力への信頼の低下となると思うのです」


ソフィーは、まだ深刻な表情。

「アメリカ軍の基地がこれほど国内にあって、逆に言えば、日本など一瞬で再占領できる状態なの」

「だから現状であれば、下手に敵に回すことほど、国と国民にリスクを負わせることはないんだ」

「それを、あの連中、あの連中上がりなのかな、あの国会議員たち、それからマスコミ・・・」

「光君の言う通りさ、何もわかっていない」


少し考え込んでいた光が、ようやく口を開いた。

その目を輝かせながら、阿修羅の合掌のポーズを取る。

途端に、阿修羅が出現した。


「結論としては、彼に働いてもらうことにする」

「その意味において、戦闘行為はしない」

「まあ、実際、阿修羅自身が闘うほどの相手ではない」


キャサリンが、驚いて震えていると、阿修羅はすぐに姿を消してしまった。

同じように阿修羅の出現に驚いていた校長も、何ら声をかけることができないほどの瞬時だけの出現だった。


ただ、ソフィーだけは、面白そうな顔。

「へえ・・・彼って・・・あのお方なんだ」

「珍しい神を使うんだねえ」

どうやら阿修羅が言った「彼」を知っているようだ。



さて、校長室内での、そんな会話はともかく、アメリカ大使館付近には、異変が発生した。

まず、真っ青な空が広がっていたはずなのに、突然、黒雲が発生した。

ただ、アメリカ大使館周辺に集まっている集団には、ほとんど気がつく人はいない。

ますます、プラカードを高く掲げ

「アメリカ帝国主義打倒!」

「米軍は即時撤退せよ!」

「オスプレイ反対、全て解体せよ!」

大騒ぎを繰り返している。


また、大使館前の機動隊に、生卵を投げつけるもの、石を投げつけるものも出て来ている。

本来であれば、公務執行妨害以上の罪が課せられる事態となるけれど、それを妨害するかのように、動きを見せれば集団によってすぐに囲まれてしまう。


キャサリンは、ますます不安な様子。

校長も、光の表情をじっと見る。

校長も不安でならないようだ。



その光が、ようやく口を再び開いた。

「そろそろ準備できたようだね」

口調はハンナリ。


ただ、その言葉と同時に、雷音が聞こえ始めている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます