第96話光たちを狙った航空機攻撃?それもお手並み拝見?

天使長ミカエルが、戻って来た。

そして、阿修羅たちに、状況を報告。

「出発地は、マレーシア、クアラルンプール」

「まず、乗客、乗員全員が、昏睡状態」

「それと計器類、エンジンは、全て停止しています」


阿修羅は厳しい顔で、目を光らせる。

「ただ、途中までは正常に運行、ところが、この渋谷上空手前で、その状態になったのか」


それには天使長ミカエルもハッとした顔。

「はい、念のために計器等調べたのですが、全くその通りでございます、さすが阿修羅様です」


天神アポロも厳しい顔。

「そうなると、事故ではなく、航空機を使った攻撃とも考えられる」

「そのうえ、攻撃目標地点は、渋谷駅と、その周辺」


金剛力士阿形がますます顔をしかめた。

「つまり、光君と、巫女たちを狙ったのではないか」

「光君たちが、気づかなければ、全員をつぶすことができる」

金剛力士吽形も、それには頷いている。


ただ、阿修羅は、途中まで頷き、その後、首を横に振る。

「いや、あいつのことだ、狙うことは狙う」

「しかし、今は止められることも想定はしている」

「アポロやミカエル、金剛力士が阿修羅を警護しているなどは、あいつもよく知っている」

「つまり、お手並みを見る程度かもしれない」

「事実・・・」

阿修羅が、そこまで言った時である。


航空機のエンジンが動き出した。

そして、阿修羅がつかんでいた手を離すと、何事もなかったかのように、飛行し始めている。


天使長ミカエルが、阿修羅の顔を見た。

「万が一があるかもしれませんので、天使軍団は、あの航空機をこのまま監視します」


今度は天神アポロが目を輝かせた。

「おそらく、客室内の乗客も、乗務員も、何ら記憶がないはず」

アポロも、その透視力で、航空機内の様子を探っていたらしい。


金剛力士阿形が、阿修羅に声をかけた。

「後のことは、一旦ミカエルとアポロに任せた方がいい」

「そうでないと、光君が危なくなる」


阿修羅も、一々、頷く。

「わかった、その通りにしよう」

「確かに、光君は危ない、かなりな精力を使ってしまった」

そして、その合掌を解いた。

途端に、アポロ、ミカエル、金剛力士二体は姿を消してしまった。


気がつくと、光はヨタヨタ、フラフラと歩いている。

渋谷駅前の群衆は、いつもと同じ。

集まっていた救急車や消防車も、いつの間にか姿を消している。


その光は

「なんか、すっごく身体がだるい」

「このまま路上で眠りたいくらいだけど、ホテルないかなあ」

「ねえ、由紀ちゃん、何とかならない?」


いきなりそんなことを言われた由紀は、首を横に振る。

「普通の状態じゃないでしょ、光君」

「すっごいことやったんだから」


ソフィーがいきなり走って来た。

「光君、大型タクシー確保した」

「すぐ、それで横になって」

ソフィーは、真っ青になっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます