第93話癒しのチェロと華奈の涙

光に見つめられたサラは、顔を赤くした。

そして、その目の光が強くなり、不思議なことを言いだした。

「光君なら、私のチェロわかるよね」


すると、光の目が輝いた。

光もまた、不思議なことを口にする。

「癒しのチェロだね、これはありがたい」

「そのチェロの音が、僕の身体に響くと、疲れが消え去り、力が湧いてくる」

光の言葉通り、光はいつもの疲れ顔ではない、むしろ生気にあふれている。


光とサラが、そんな話をしていると、他の巫女も寄って来た。

春奈がまず一言。

「うん、普通のチェロではないと思ったけれど・・・もしかして?」

サラも、春奈の心を読んだ。

「はい、春奈さん、アポロの癒しの神力をいただいてきました」

と、ニッコリと答える。


キャサリンもアポロに反応。

「さすが、アルテミス姉神とアポロ弟神の関係ですね、アポロ神もアルテミス女神が日本に行くということで、何か助力をしたかったのかな」

キャサリンは、納得している様子。


春麗は笑顔。

「どんな理由にしても、光君の状態がよくなれば、大歓迎」

「私も、もっと努力すればいいだけのこと」


由紀は、まだ驚きを隠せない。

「今までは、一曲終わればフラフラ、いろんな栄養補給されて、やっとコンサートを終えたのに、すっごいなあ・・・」


華奈は、また涙顔で下を向く。

「うー・・・またしても、格差見せつけられた、私、どうしたらいいの?」

「こんな、すっごいお姉さんばかりで、ますます光さんが遠くに行ってしまう」


さて、ステージの上で、光と巫女たちが、そんな話をしていると、ソフィーが戻って来た。


そして、まず光に厳しめの顔。

「光君、あの高村って元官僚の役所で使っていたPCのファイルと在職時代の全てのメール履歴、個人のスマホもPCは没収」

「現在、厳しく尋問中」

「全てのカタがつくまでは、釈放しない」


光も厳しい顔でソフィーに頷く。

「解明が進まないようだったら、あの力を使って欲しい」

「何しろ、一瞬で世界秩序だって、崩壊しかねない」


ソフィーは、光の言葉に深く頷き、今度はサラに声をかけた。

「サラ、ありがとう、それで少しお願いがあるの」

「そのアポロの癒しの力を増やしたいの」


サラも、すぐにソフィーの意図を読んだらしい。

「さすが、大天使ガブリエル様の巫女ですね」と、ニッコリと笑う。

そして、姿勢を正し、目を輝かせる。

「心配ありません、このチェロの音を聞いた人、身体に響いた人や楽器に、その癒しの力が、伝わります」

「ですから、今はここにいる全ての人と楽器に、アポロの癒しの力が加わっているのです」


光は、その言葉を聞いて、またニッコリ。

「そうなると、ますます演奏が楽しくなる」

「聞けば聞くほど、力が湧いてくるなんて、こんなに素晴らしいことはない」

「これで、思いっきりベートーヴェンが振れる」


そんな光に、さっと華奈が近寄った。

そして光に真顔で質問。

「ねえ、光さん、私も上手になるの?アポロの力で?私、下手だよ、悔しいくらい、すっごく格差感じている」


光は、やさしい顔。

そっと、華奈の手を握った。

「大丈夫、華奈ちゃん、信じていい、必ず上手になるし、僕も華奈ちゃんとずっと演奏したいの」


華奈は、その言葉で、大泣きになっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます