第88話由紀の演奏技術分析と緊張

第九の初見練習は、第二楽章に入った。

音楽部員たちは、第一楽章と同様、リズムをキッチリと守り、光の指揮に合わせている。

さて、第二楽章と第三楽章の合間に、オーケストラのバックに入る合唱部員たちは、音楽室のステージの裏から演奏を聞いている。

演奏の邪魔になってはいけないと思うので、極めて小さな声ながら、様々な感想をもらしている。


「ふむ、音楽部のみんな、かなり練習してきているみたい」

「それはそうさ、光君の第九だもの、滅多に一緒にできないんだから」

「アンサンブルも最初は合ってなかったけれど、途中から合うようになってきた」

「とにかく、部員の集中力がすごい、指揮棒から離れない」

「楽譜なんか暗譜しているみたい」

とにかく素晴らしいとの感想が聞こえてくる。


合唱部長となった由紀も光の指揮に感心している。

「なんか、なめらかだけど、クッキリしている」

「それだから、合わせるほうも合わせやすい」

「あの華奈ちゃんでさえ、動きがスムーズだもの」

と、一応華奈の弾きぶりに感心した後、チェロのサラを見る。


「ふう・・・さすが、弓の使い方が別格、一度独奏を聞いてみたいくらい」

由紀はサラに別格との判断をした後、次にトランペットのキャサリンに注目。


「むむ、キャサリンの音は、キラキラして透明感がある」

「性格そのものかなあ、とにかくキチンとしている、侮れないなあ・・・」

やはりキャサリンも別格の技術を持っているようだ。


最後に、フルートの春麗に注目。

「しっかし可愛いなあ、まるでお人形さんみたい、フルートもきれいだし、あのリズム感がいいなあ、聞いていて気持ちがいい」

春麗の圧倒的な美少女ぶりと、フルートの腕前は、やはり別格。

由紀は特に、三人の外国人巫女には、感心しきりとなってしまった。


ただ、いつまでも、他人を観察してばかりではいられない。

第二楽章が終わったので、合唱部員たちは、音楽部員のバックに入ることになった。

その合唱部員たちに軽く会釈をして、光は第三楽章を振りはじめた。

合唱部員たちは、ここではつぶやくこともできないけれど、心の中では様々思うことがある。


「ほんと、第九の第三楽章って、こんなにきれいだったんだ」

「ほんと、落ち着くなあ」

「身体の力が抜けてくるって感じ」

「ステージに立っていなかったら涙が出てくるくらい、いい曲だ」

「この曲だけ聞いても、素晴らしいっていうのに」

「この後の第四楽章も、すごいからなあ」

とにかく、またしてもベートーヴェンの音楽に引きずりこまれている状態。


由紀もまた、心の中でいろいろと感じている。

「確かにベートーヴェンの第九は超名曲、その心を光君なりに考えて表現しているんだ」

「それにしても、音楽については、本当に安心できるなあ」

とまで感じて、少し姿勢を正した。


「うん、いつまでも聞いてばかりじゃいられない」

「今日は、ソロもあるんだから」

その顔も少し緊張した。

「だって、他の候補者巫女も、すごく上手なんだから、私がヘマできないって」

と思って、他のアルト、テナー、バリトン役のソリストの顔を見る。

そして気がついた。


「やはり、緊張しているのかな、みんな顔が赤くなっている」

「本番では、音大生あるいはプロを呼ぶって話だけど、今日は音楽部も頑張っているから、下手なことはできない、そう思っているのかな」


合唱部員たちが、そんなことを思っていると、第三楽章は終わってしまった。

そして、第四楽章、とうとう音楽部の演奏に、合唱部が加わることになる。


また由紀たちソリストは。、合唱部員たちより前に立つ。

さて、由紀が緊張気味に、その位置に立ち、光を見ると、光も由紀を見つめてきた。


「もーーー!光君、プレッシャーかけているの?」

そう言いたかったけれど、さすがにここでは言えない。

結局、由紀は、ますます緊張してしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます