第69話冷静な春奈と、やはり華奈は・・・

春奈が、光の部屋に入ってきた。

光がルシェールに抱きかかえられる様子を見て、少し表情が変わったけれど、それでも、ルシェールと光の会話を聞き取っていたらしい。

ルシェールにまず、声をかけた。

「ルシェール、ありがとう、どう?光君の身体、まだ冷たい?」


ルシェールも涙ながらに春奈に応えた。

「うん、かなり冷たかった、春奈さんも呼ぼうと思ったけれど、そんな余裕がなかった、抜け駆けという意味じゃないよ」


春奈も、それは理解したようだ。

「うん、まだ真っ青だね、光君も無理をするからっていうか、阿修羅に無理をさせられたんだ」


ルシェールは、光の背中をトントンと叩いた。

光も、ゆっくりとルシェールから身体を離す。


光は、春奈の顔も見えて、どうしていいのか、わからない状態。


そんな光に春奈が声をかける。

「いいよ、光君、気にしないでいい」

「とにかく、辛かった光君が、その時点で、ルシェールを選んだの」

「私も、ルシェールだったら、安心できるもの」


「それは少しは悔しいけれど」と言いかけて春奈は黙った。

やはり、春奈としても26歳、今年18歳になる光とは、「厳然たる年齢差」を否定できない。

それにルシェールは、「癒し」の能力については、さすがに聖母マリアの巫女、相当に高いランクの能力を持つ。

クリスマスの時に瀕死の光を救ったのも、ルシェールの「愛の妙薬」。

それが失敗していれば、光の現在もなく、世界だってどうなったのか、わからない。


「まあ、残念だけど・・・」

春奈は、ここで話題を変えた。

そして光に

「そろそろキャサリンのカリフォルニア料理ができるよ」

「食べられるだけでいいからさ、せっかくみんなが協力して作ったから」

と、食事をするように促した。


光は、素直に頷いた。

「そうだね、人の期待には、答えようと思う」

「食べられるだけ、食べるよ」

少し、よろけながら、立ち上がった。


それを春奈がサッと支える。

ルシェールは、そこで苦笑。

春奈に声をかける。

「ねえ、春奈さん、癒し系の私たちが、二人がかりだね、光君のお世話って」


春奈も、そこで笑ってしまった。

「そうだよね、ほんと、世話が焼ける」

「こんなのがずっと続くのかも知れない」


さて、そんな状態で階段を三人で降りはじめると、華奈が血相を変えて階段の下に来た。

そして、いつもの大声三連発。


「こらーーー!光さんって弱すぎ!」

「ルシェールも春奈さんも甘やかしすぎ!抱きしめればいいってものじゃないの!」

「ただ眠かっただけでしょ!この寝ぼけ光さん!」


これで、春奈は

「この子、全くわかっていない、お嫁さんなんて絶対無理」

ルシェール

「お母さんに連絡して引取りに来てもらおう」


他の巫女たちも、ほぼ同様。

まさに「呆れしかない顔」で、華奈を見つめている。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます