第67話巫女たちのカリフォルニア料理とルシェールの不安

誰が見ても、光の疲れ顔は、ひどかった。

「これは寝かせるしかない、どうにもならない」

ということで、とりあえず起きるまで、腕を組んでいるルシェールが見守ることになった。


華奈が、少し文句顔を見せたけれど、キャサリンから、さわやかな笑顔で

「華奈ちゃんも、料理手伝ってくれる?チーズを切って欲しいの」

と言われたので、なかなか反発も出来ないようす、結局キャサリンの指示通りに、動いている。


さて、そのキャサリンがメインで作るカリフォルニアスタイルの料理は


「ホワイトアスパラガスとアボガド、スモークサーモンのサラダ」

「マグロと温野菜の盛り合わせ」

「仔羊肉のラケ  アリッサとクミンのクスクス添え」

「カマンベールチーズ、チェダーチーズなどチーズの盛り合わせ」

「チキンコンソメ スターアニス風味」


キャサリンが、一応説明する。

「ホワイトアスパラガスとアボガド、スモークサーモンのサラダは、大皿にお願いします、ソースはフレンチソースでもオニオンソースでも食べる人が選べるように」


「マグロと温野菜の盛り合わせも、これも大皿で、ソースはわさびソースとしましょう」


「仔羊のラケは、つまり付け焼きです。これは銘々皿でお願いします。尚、アリッサは北アフリカチュニジア発祥の調味料です、わかりやすく説明しますと、北アフリカの豆板醤のようなもの、クスクスにはクミンとともに定番です」


「チーズの盛り合わせについては、説明はいらないと思いますが、これは大皿で、カマンベール、チェダー、スモーク、パルミジャーノレッジャーノを盛り付けてください」


「スープについては定番ですが、スターアニスでアクセントを加えます」


まさにキャサリンらしく「キチンとした物言い」。

光を見守るルシェール以外が、全員調理に参加、キビキビと動き出す。


春奈も意外そうな顔。

「カリフォルニア料理って特別知らなかったけれど、案外素材を活かすんだ」

由香利も、面白そうな顔。

「へえ、フレンチとイタリアンの技法もあるしね、それと北アフリカ・・・面白い」

由紀も感心した。

「そうか、わさびソースも使うんだ、美味しいものは何でも取り入れるんだね」

ソフィーは目を丸くした。

「ふむ、ここでクスクスかあ・・・アリッサもピリ辛で美味しい」

華奈も、懸命にチーズを切る。

「つまみ食いしたいけれど、出来る雰囲気でもない、でもチーズ切り係で良かった、あまり調理そのものには関係ない」


サラも、フンフンとうなずきながら調理に参加。

「仔羊の焼き方とか、クスクスとかは任せて、地中海にもあるから」

どうやら肉の焼き方とクスクスには自信があるらしい。

春麗は、キャサリンの配慮に感心した。

「そうかあ、一応出身のアメリカを示しながら、日本人に馴染みがあるわさびソースを使い、サラにも配慮して仔羊料理、クスクスとアリッサか・・・」

「ルシェールにも配慮して、フレンチソースとか、チーズ盛り合わせ」

「スターアニスはつまり八角、中華でも相当使う、これは私にも配慮か」


そんな状態で、料理参加の巫女たちは、結局和気あいあいと料理を仕上げてしまった。


さて、ルシェールも途中から、様々な香辛料の香りが漂っていたので、実は料理に参加したかったようだ。

しかし、自分の目の前で、眠る光は、なかなか起きる気配もない。

「全く・・・私も何か作りたかったのに・・・しょうがないなあ」

「イマイチ、体力不足は否定できない」

「少しでも阿修羅になると、その後、こうなってしまう」

「こんな状態で、混沌系の悪神に対抗できるのかなあ」

ルシェールは、不安が強くなってきている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます