第41話外国人巫女、それぞれの私服姿

キャサリン、サラ、春麗の日用品買い込みも終了、一行はようやく光の家に戻った。

光が、それでも気をきかせて、全員分の紅茶と淹れていると、家の前にトラックが停まった。

チャイムが鳴ったので、いつもの通り華奈が瞬速対応、インタフォンの前に行くと、「お荷物をお届けにあがりました、宅配便です」との声。

光も玄関に出てきた。

それでも「この家の人」との自負はあるらしい。

そして、光が玄関を開けると、宅配便らしからぬスーツを着た紳士が三人立っている。


光は、そこで少々慌てた。

「あの・・・宅配便とか・・・」

どう考えても、よく目にする宅配便の制服を着ていない。

それどころか、一見してわかる、高級なスーツを着込んでいる。


その高級スーツを着込んだ三人は、用件を述べはじめた。

「私はアメリカ大使館からです、キャサリン様のお荷物を」

そうなると、ほぼ次もわかる。

「私はギリシャ大使館から、サラ様のお荷物を」

最後は

「私は、中国大使館から、春麗様のお荷物を」

と、予想通りの言葉になった。


光は、ようやく納得した。

「あ、そうですか、それではトラックを駐車場に入れてもらって」

「まずは、荷物の搬入を・・・えっと本人たちにも」

と言いかけると、キャサリン、サラ、春麗も気づいたらしい。

玄関まで出てきた。


キャサリン

「じゃあ、先に入れてもらいましょう」

これには、サラも春麗も同じ。

紅茶の前に、それぞれ大使館員をともなって、それぞれの部屋に、荷物を搬入することになった。

光と華奈は、特にそこまでは付き合う理由もないので、リビングに戻った。


春奈は、少し驚いている。

「大使館員自らが搬入するって、すごいねえ、三人とも」

光も、驚いている。

「それだけ、巫女の地位が高いのかな」

華奈は、うらやましそうな顔。

「いいなあ、私なんて、絶対ない」


春奈は、そんな華奈に、ついつい

「まあ、華奈ちゃんは、まだまだない、当分ない」

と本音を言ってしまう。


光は、そんな春奈と華奈の「じゃれ合い」には付き合わない。

「そうか、やっと私服が届いたんだ」

「制服でずっといるってできないしね」

と、いつもの平々凡々とした様子。


光、春奈、華奈が、そんな状態で、のんびりとしていると、再びチャイムが鳴った。

そして、駐車場からはトラックの発信音。

光が「搬入が終わったのかな」と思って玄関を開けると、私服に着替えたキャサリン、サラ、春麗が立っている。


キャサリンは、花柄のワンピース姿。

制服を着た時の、キリッとした感じとは異なり、匂い立つような超美少女姿になっている。


サラは、ピンクのセーターに、白いコットンパンツ。

何より、その豊満な胸とお尻、キュッと締まったウェストの対比がすごい。

恥ずかしそうに笑う顔には、引き込まれそうな魅力がある。


春麗は、薄手の白いセーターに、紺のカーディガン、そして何よりかなり短めのスカート。

制服を着ていた時は、気づかなかったけれど、かなり足が長く、また美脚。

まるで、お人形さんのような、愛らしい笑顔で、光を見つめている。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます