第20話光家の玄関にて

光たちの一行は、ようやく光の家に入った。

すると、玄関に華奈の母、美紀が待ち構えている。

光は

「あ、美紀叔母さん、いろいろとすみません」

と頭を下げる。

美紀は、光の顔を見て、「うん」と頷き、少しの時間、光をハグ。

「これから、また大変だね」

と、背中をなでる。


すると、それを見ていた華奈が、文句。

「母さん!それって私のお役目でしょう?」

「母が娘の恋路を邪魔してどうするの!」

「いい加減に、光さんを私によこしなさい!」

と、言うけれど、美紀は華奈を完全にスルー。


光のハグをやめ、キャサリン、サラ、春麗に頭を下げる。

「ようこそ、キャサリン、サラ、春麗」

「お待ちしておりました」

「是非、中に・・・」

本当に華奈のことなど、一切眼中にない。


美紀のお辞儀を受けて、まずキャサリン。

「こちらこそ、はじめまして、キャサリンと申します、かの有名な宗教学者の美紀様、そして伊勢神宮の巫女様の系譜、それより何より、光君にすごく近いお方、これからも、よろしくお付き合いをお願いいたします」

まさに西洋騎士風のキチンとした礼をする。


続いてサラ

「はじめまして、サラと申します、私もかねてから美紀様の素晴らしい論文に憧れてまいりました、ギリシャ・地中海の霊界グループ全体としても、美紀様の論文にどれほど力をいただいたことか、今後も光君ともども、よろしくお願いいたします」

と、サラは美紀をしっかりと抱きしめてしまう。


最後に春麗

「美紀先生、私が春麗、子供の頃には、大変お世話になりました、また逢えて本当にうれしいよ、これからもよろしくね!」

春麗は、中華風に両手を合わせて礼をする。

それを見て、美紀はニコニコとする。


そんな春麗と、母美紀を「ポカン」と見ていた華奈の脇を、由紀がつついた。

「ねえ、華奈ちゃん、実は知っていたの?」

「華奈ちゃんのお母様と春麗って知り合いみたいだけど」


しかし、華奈は首を横に振る。

「いや、知らないもの、あんな可愛い子」

春奈も首を傾げる。

「なんだかわからないけど・・・後で聞こう」


そんなことで、玄関で少々渋滞していると、ルシェールと由香利も出てきた。

ルシェールと由香利は、キャサリン、サラ、春麗に一旦深く頭を下げてから


ルシェール

「とにかく、全員二階の和室に」

由香利

「シュークリームとエクレア」

「それから紅茶も淹れる」


光もようやく口を開く。

「じゃあ、全員の対面式かなあ」

「とりあえず、都内組?」


すると、ルシェールが珍しくムッとした顔。

「そんなことないって、光君」

由香利もムッとした顔で

「あのね、すでに二階の和室の超大画面モニターと奈良の巫女連中がつながっていてさ・・・」

その言葉で、春奈、華奈がビクンと肩を震わせる。


光も、うなった。

「もしかして、春奈さんのお母さんの美智子さんとか、圭子おばさんはいいけど・・・楓ちゃんも?」


特に、日本育ち巫女は、真っ青になっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます